芥川賞・直木賞2021下半期候補作決定!発表日時はいつ?

読む

待っていた芥川賞と直木賞2021下半期の候補作が発表されました!

日本文学振興会のツイッターで、今日、2021年12月17日(金)午前5時に発表されました。

今回は、芥川賞と直木賞2021下半期の候補作についてお伝えします。

<スポンサード リンク>
 




第166回芥川龍之介賞候補作は?

第166回芥川龍之介賞の候補作は以下の5作です。

「我が友、スミス」(集英社 すばる11月号に掲載)石田夏穂

「Schoolgirl」(文學界12月号に掲載)九段理江

「オン・ザ・プラネット」(群像12月号に掲載)島口大樹

「ブラックボックス」(群像8月号に掲載)砂川文次

「皆のあらばしり」(新潮10月号に掲載)乗代雄介

砂川文次さんは2018年下半期に「戦場のレビヤタン」が、そして1年前に「小隊」が芥川賞候補になり、今回で3回目のノミネートです。

砂川文次(芥川賞作家)の出身大学と高校について!結婚は?経歴も調査!
砂川文次さんの「ブラックボックス」が第166回芥川賞候補作に選ばれました。これで3回目のノミネートです。砂川文次さんは元自衛官という経歴を持ち、出す作品が次々に話題になります。今回は砂川文次さんの出身大学と高校、結婚そして経歴についてお伝えします。

乗代雄介さんも、2019年下半期に「最高の任務」が、1年前に「旅する練習」が候補になり、今回で3回目のノミネートです。

乗代雄介(芥川賞候補作家)の経歴とプロフィール!結婚は?出身高校と大学もチェック!
乗代雄介さんの「皆のあらばしり」が第166回芥川賞候補に選ばれました。これで3回目のノミネートです。乗代雄介さんは独特な手法と文体で注目されています。今回は、そんな乗代雄介さんの経歴とプロフィール、結婚、出身高校や大学についてお伝えします。

あとの3人は初ノミネートです。

九段理江のプロフィール!出身大学と高校は?年齢もチェック!
九段理江さんの「Schoolgirl」が第166回芥川賞候補作に選ばれました。九段理江さんは文學界新人賞も受賞されています。今回は九段理江さんのプロフィールと経歴、出身大学と高校、年齢と結婚についてお伝えします。 九段理江のプロフィールと経歴

九段理江さんの「schoolgirl」については、こちらをご覧ください。

Schoolgirl(九段理江)のあらすじとネタバレ!評判もチェック!
九段理江さんの「Schoolgirl」が第166回芥川賞候補になっています。この作品は今の世代を反映していて、いろいろと考えされられました。今回は芥川賞候補作「Schoolgirl」のあらすじと内容、ネタバレ、そして評判と感想についてお伝えします。
島口大樹の経歴とプロフィール!出身大学と高校は?会社もチェック!
島口大樹さんの「オン・ザ・プラネット」が第166回芥川賞候補作に選ばれました。島口大樹さんは「鳥がぼくらは祈り、」で群像新人文学賞を受賞しデビューされた方です。今回は島口大樹さんの経歴とプロフィール、出身大学と高校、会社や結婚についてお伝えします。
石田夏穂のwikiプロフィール!出身大学と高校は?結婚もチェック!
石田夏穂さんの「我が友、スミス」が第166回芥川賞候補に選ばれました。この作品は「前代未聞の筋トレ小説」と話題になっています。今回は、石田夏穂さんのwikiプロフィールと経歴、出身大学と高校、結婚、候補作「我が友、スミス」についてお伝えします。




第166回直木三十五賞候補作は?

第166回直木三十五賞候補作は以下の5作です。

「同志少女よ、敵を撃て」(早川書房)逢坂冬馬

「新しい星」(文藝春秋)彩瀬まる

「塞王の楯」(集英社)今村翔吾

「ミカエルの鼓動」(文藝春秋)柚月裕子

「黒牢城」(KADOKAWA)米澤穂信

彩瀬まるさんは、2018年に「くちなし」が候補になって以来、2回目のノミネートです。

彩瀬まるの本名や経歴について!結婚は?出身大学と高校もチェック!
彩瀬まるさんの「新しい星」が第166回直木賞候補に選ばれました。彩瀬まるさんは、子育てをしながら執筆活動をされているがんばり屋さんのお母さんです。今回は、そんな彩瀬まるさんの本名や経歴とプロフィール、結婚そして出身大学と高校についてお伝えします。

柚月裕子さんも2回目のノミネートで、前回は2016年の「孤狼の血」でした。

柚月裕子の夫と子供について!出身大学と高校は?プロフィールもチェック!
柚月裕子さんの「ミカエルの鼓動」が第166回直木賞候補に。これで2回目のノミネートです。柚月裕子さんは出す本出す本がヒットするベストセラー作家です。今回は柚月裕子さんの夫と子供、出身大学や高校、プロフィールと経歴、母親についてもお伝えします。

今村翔吾さんは3回目のノミネートで、前回は昨年の「じんかん」でした。

今村翔吾(直木賞作家)の学歴について!出身高校と大学は?結婚も気になります!
今村翔吾さんの「塞王の楯」が第166回直木賞を受賞!3回目のノミネートでした。今村さんは小説家としてだけでなく、ダンス指導者やミュージシャンとしても活躍されています。今回は今村翔吾さんの学歴と出身高校や大学、結婚そしてプロフィールに迫ります。

米澤穂信さんも3回目のノミネート。

前回は2016年の「真実の10メートル手前」でした。

米澤穂信の結婚と妻について!経歴は?出身大学と高校もチェック!
米澤穂信さんの「黒牢城」が第166回直木賞を受賞!米澤さんは直木賞3回目のノミネートにしての受賞でした。米澤穂信さんってどんな方なのか気になりますよね。今回は、米澤穂信さんの結婚と妻、経歴とプロフィール、出身大学と高校についてお伝えします。

逢坂冬馬さんは今回、初めての候補になりました。

逢坂冬馬の出身大学と高校!プロフィールと経歴は?本名もチェック!
逢坂冬馬さんの「同志少女よ、敵を撃て」が第166回直木賞にノミネートされました。21年8月にはアガサ・クリスティー賞大賞も受賞。今回は逢坂冬馬さんの出身大学と高校、プロフィールと経歴、本名についてお伝えします。 逢坂冬馬の出身大学と高校!

候補作「同志少女よ、敵を撃て」については、こちらをどうぞ。

同志少女よ、敵を撃てのあらすじとネタバレ!書評と感想も紹介!
第166回直木賞候補作になった逢坂冬馬さんの「同志少女よ、敵を撃て」は衝撃的な物語でした。これは逢坂冬馬さんのデビュー作であり、アガサ・クリスティー賞大賞受賞作品です。今回は「同志少女よ、敵を撃て」のあらすじとネタバレ、書評、感想をお伝えします。

芥川賞・直木賞2021下半期の発表日時について

芥川賞と直木賞2021下半期の発表は2022年1月19日(水)に、築地「新喜楽」で行われる予定です。

発表の時間は、例年18時以降でしたが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、14時に選考委員会が開かれ、16時頃に発表がありました。

今回の発表時間に関してはまだ情報がありませんが、分かり次第、こちらに追記します。

また、芥川賞の受賞作は2022年2月10日(木)発売の「文藝春秋」3月号に全文が掲載されます。

直木賞の受賞作は2022年2月22日(火)発売の「オール讀物」3・4月合併号に作品の一部と選評が掲載されるということです。

【追記】

第166回芥川賞・直木賞の発表と受賞者記者会見は2022年1月19日(水)の15時から始まります。

ニコニコ生放送で中継されますが、放送が始まってすぐに発表ではなく、選考委員会が終わってからですので、もしかしたら16時くらいになるかも知れません。

発表を見逃したくない方は15時からニコニコ生放送のチャンネルを開いて待機しておいてくださいね。

第164回芥川賞を振り返る

さて、1年前の第164回芥川龍之介賞の候補作はどんなものだったか振り返ってみたいと思います。

候補作は以下の5作でした。

「推し、燃ゆ」(河出書房新社 )宇佐見りん

「母影」(新潮社 )尾崎世界観

「コンジュジ」(集英社 )木崎みつ子

「小隊」文藝春秋)砂川文次

「旅する練習」(講談社 )乗代雄介

この時は現役の女子大生、宇佐見りんさんが受賞し、大きな話題になりました。

宇佐見りんの経歴とプロフィール!結婚は?出身大学と高校も調査!
宇佐見りんさんは現役の女子大生でありながら、「推し、燃ゆ」で第164回芥川賞を受賞されましたが、2021年本屋大賞にもノミネートされています。今回は、そんな宇佐見りんさんの経歴とプロフィール、結婚、出身大学と高校についてお伝えします。

受賞作「推し、燃ゆ」についてはこちらをどうぞ。

https://flowerlove.jp/oshi-moyu-kansou



第164回直木賞を振り返る

1年前の第164回直木三十五賞の候補作は以下の6作でした。

「汚れた手をそこで拭かない」(文藝春秋)芦沢央

「八月の銀の雪」(新潮社)伊与原新

「オルタネート」(新潮社)加藤シゲアキ

「心淋し川」(集英社)西條奈加

「インビジブル」(文藝春秋)坂上泉

「アンダードッグス」(KADOKAWA)長浦京

この時はアイドルグループ「NEWS」のメンバーである加藤シゲアキさんが候補になったことでも大きな話題になりましたね。

加藤シゲアキの経歴と幼少期について!両親は?利き手もチェック!
NEWSのメンバーの加藤シゲアキさんの「オルタネート」は直木賞候補に続き2021年本屋大賞にもノミネートされました。すごいですね!今回は加藤シゲアキさんの経歴とプロフィール、幼少期、両親、利き手そして出身高校と大学に迫ってみたいと思います。

直木賞を受賞したのは、元OLで、40歳になってから作家デビューを果たした西條奈加さんの「心寂し川」でした。

西條奈加の経歴とプロフィール!出身高校と大学は?結婚もチェック!
西條奈加(さいじょう なか)さんの「心淋し川」が第164回直木賞候補に選ばれました。西條奈加さんは元OLで、40歳になってから小説家としてデビューされた方です。今回は、西條奈加さんの経歴とプロフィール、出身高校と大学、そして結婚に迫ります。
心淋し川(直木賞)のあらすじとネタバレ!書評は?感想も紹介!
西條奈加さんの「心淋し川」が第164回直木賞を受賞!私はこれを読んで温かい気持ちに包まれ西條奈加さんの人々を見る目の深さと想像力や表現力の豊かさに驚いています。今回は直木賞受賞作「心淋し川」のあらすじとネタバレ、書評、そして感想をお伝えします。




タイトルとURLをコピーしました