サラダチキンのカロリーをセブンとローソンとファミマで比較!糖質もチェック!

ソーシャル
食べる
この記事の所要時間: 753

カロリーで高たんぱくのサラダチキンは、巷で大人気ですね。

サラダチキンは美味しくて手軽に食べられるので、スポーツをする人やダイエット中の人の強い味方となっています。

コンビニの棚には、いろいろな種類のサラダチキンが並んでいますね。

「でも、どのコンビニのが一番低カロリー?」

ふとそういう疑問を抱いた私は、

「よし、コンビニのサラダチキンのカロリーを比較調査しよう!」と思い立ったのです。

そして、セブンイレブンローソンファミリーマートからサラダチキンを買ってきてがんばりましたよ。

今回は、各コンビニのサラダチキンのカロリー比較です。糖質についても調査しました。

それではどうぞご覧ください。

サラダチキンダイエットのやり方についてはこちらをどうぞ。

サラダチキンダイエットのやり方と期間について!食べ方と味付けも解説!
サラダチキンは根強い人気を誇っていますね。 最近はコンビニだけでなく、スーパーでもいろいろな種類のサラダチキンが並んでいます。 サラダチキンの人気の原因は低カロリーであることです。 もも肉ではなくむね肉を使っているのでとて...

<スポンサード リンク>
 




サラダチキンのカロリーを「プレーン」で比較!

加工食品のカロリー(熱量)は、たんぱく質、脂質、炭水化物の量にそれぞれのエネルギー換算係数をかけたものの総和です。

エネルギー換算係数は、たんぱく質:4kcal/g、脂質:9kcal/g、炭水化物:4kcal/gと定められており、カロリー(熱量)は、下の式で求めることができます。

熱量(kcal/100g)=
たんぱく質(g/100g)×4kcal/g+脂質(g/100g)×9kcal/g+炭水化物(g/100g)×4kcal/g

参照:http://www.mac.or.jp/mail/080201/02.shtml

それでは、これに従って、セブンイレブンとローソンとファミリーマートのサラダチキン プレーンのカロリーを見てみましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンのサラダチキン プレーンの場合、たんぱく質が21.7g、脂質が0.8g、炭水化物が1.0gと表記してあります。

これを上記の数式に当てはめると、

21.7×4+0.8×9+1.0×4=98

となり、セブンイレブンのサラダチキン プレーンのカロリーは100gあたり98kcalということになります。

あっ、袋の表にちゃんと書いてありましたね(汗)

でも、一袋の内容量は115g。

15gだけ残す人はいないでしょうから、115g当たりに換算すると、

セブンイレブンのサラダチキン プレーンのカロリーは一袋で112.7kcalということになります。


ローソン

ローソンの袋にも145gと書いてありますが、これは1袋当たりのカロリーが書いてあります。

一袋の内容量はセブンイレブンと同じ115gですから、ローソンのサラダチキン プレーンのカロリーは145kcalです。

セブンイレブンと比較すると、かなり高めですね。

一応、たんぱく質、脂質、炭水化物それぞれの含有量を見てみると、たんぱく質が25.9g、脂質が4.6g、炭水化物が0.2gと表示されています。

ローソンは115g当たりで表示されています。

セブンイレブンの方のたんぱく質、脂質、炭水化物の量を115g当たりに換算すると、それぞれ

25.0g、0.92g、1.15gになります。

これを見ると、ローソンの方は脂質がかなり高いことが分かります。

ファミリーマート

ファミリーマートの場合はどうでしょうか?

ファミリーマートの袋にも表にカロリーが書いてありますが、100g当たり105kcalと表示されています。

内容量は110gですから、換算すると、ファミリーマートのサラダチキン プレーンの一袋当たりのカロリーは115,5kcalとなります。

たんぱく質、脂質、炭水化物それぞれの含有量を見てみると、たんぱく質が21,1g、脂質が1,7g、炭水化物が1,3gと表示されています。

こちらは100g当たりで表示されているので、一袋110gに換算すると、それぞれ23.2g、1.9g、1.4gとなります。



サラダチキンのカロリーを「ハーブ」で比較!

セブンイレブン

さて、次は「ハーブ」で比較してみますね。

ハーブ味、美味しいですよね。お好きな方、多いと思います。

100g当たりのカロリーは108kcalと表示されていますね。

一袋115gに換算すると、セブンイレブン ハーブの一袋のカロリーは116.6kcalとなります。

セブンイレブンのプレーンは112.7kcalだったので、ハーブの方がプレーンより3.9kcal高いことになります。

たんぱく質、脂質、炭水化物のどれが高いのか見てみたら、特に脂質が、プレーンでは100g当たり0.8gだったのが、ハーブでは1.5gと倍近くになっていました。


ローソン

ローソンのサラダチキン ハーブのカロリーは一袋125g当たり143kcalと表示してありました。

あらあ、ローソンはプレーンとハーブで内容量が違うんですね・・・。

でも不思議なことにプレーンよりカロリーが低い。

どうしてかなと思って裏を見たら、脂質が2.1gと、なぜかプレーンの半分以下になっています。

プレーンでは、原材料名の2番目に植物油脂が書いてありますが、ハーブでは食塩、でん粉、香辛料などが並んでいるずっと後に植物油脂がありました。

ということは、ローソンでは、プレーンの方が油をたくさん使っているのですね。

ファミリーマート

最後にファミリーマートのサラダチキン ハーブを見てみます。

ファミリーマートのサラダチキン ハーブのカロリーは、一袋110g当たり133kcalと裏に記載してありました。

ファミリーマートの場合、内容量はプレーン、ハーブともに110gですが、裏の栄養成分表示の仕方は、プレーンの方は100g当たりで記載してあるのに、ハーブの方は110g当たりで記載してあります。

う~ん、めんどくさい!

でもプレーンの時に換算しましたので、一袋当たりのカロリーはハーブの方が17.5kcal高いということが分かります。

糖質もチェック!

では糖質は一度に見てみましょうね。

こちらは全て100g当たりに換算したものです。

 プレーン ハーブ
セブンイレブン 0.8g 1.5g
ローソン 0.1g 0.2g
ファミリーマート 1.2g1.1g以下

これを見ると、ローソンは糖質においては断然低いということが分かります。

なぜ、ファミリーマートのハーブのところに「1.1g以下」と書いたかというと、それだけ糖質がちゃんと表示されていなかったのです。

他は全部「炭水化物」の中に「糖質」と「植物繊維」を分けて表示してあるのに。

だからそういう書き方しかできませんでした(泣)

まとめ

「サラダチキンのセブンとローソンとファミマのカロリーを比較してみよう!ついでに糖質も。」

思いついたのはよかったのですが、これがなかなか面倒くさい作業でした。

内容量や栄養成分表示をチェックしたり、換算したり・・・。

こちらが調査結果の一覧表です。これはカロリーも糖質も一袋当たりです。

ついでに価格も載せておきます。

カロリー(kcal) 糖質(g) 価格(円)
セブン プレーン     115g  112.7  0.92  213
 〃  ハーブ      115g  116.6  1.7  213
ローソン プレーン  115g  145  0.1  238
 〃   ハーブ   125g  143  0.25  210
ファミマ プレーン  110g  115.5  1.32  258
  〃  ハーブ     110g  133  1.2以下  258

低カロリーという面から考えると、セブンイレブンのプレーンが一番のようですね。



セブンイレブンのサラダチキンはこちらからも購入することができます。



かなり頑張って調査しましたので、皆さん、どうぞこれからの参考にしてくださいね。

但し、コンビニのサラダチキンには添加物もいろいろと入っているのが事実ですから、低カロリーだからと言って、あまり頻繁に使うのは考えものですよ。



コメント