サラダチキンダイエットのやり方と期間について!食べ方と味付けも解説!

ソーシャル
健康
この記事の所要時間: 544

ラダチキンは根強い人気を誇っていますね。

最近はコンビニだけでなく、スーパーでもいろいろな種類のサラダチキンが並んでいます。

サラダチキンの人気の原因は低カロリーであることです。

もも肉ではなくむね肉を使っているのでとてもヘルシーなんです。

各コンビニのサラダチキンのカロリーについては、実際に調べた記事がこちらです。

ぜひお読みください。

サラダチキンのカロリーをセブンとローソンとファミマで比較!糖質もチェック!
低カロリーで高たんぱくのサラダチキンは、巷で大人気ですね。 サラダチキンは美味しくて手軽に食べられるので、スポーツをする人やダイエット中の人の強い味方となっています。 コンビニの棚には、いろいろな種類のサラダチキンが並んでいます...

低カロリーな上に、美味しく手軽に食べられるので、サラダチキンダイエットをする人が増えています。

今回は、サラダチキンダイエットのやり方や期間、食べ方などについてまとめました。

<スポンサード リンク>
 




サラダチキンダイエットのやり方は?

まず、サラダチキンダイエットのやり方について見ていきましょう。

1食をサラダチキンに置き換える

一日3食のうち、1食をサラダチキンに替える置き換えダイエットを行います。

朝、昼、夕のうち、夕食を置き換えるのがおすすめです。

夜は運動量が少なくなるので、ダイエットのためにも健康のためにも、夕食のカロリーを少なくしたがよいからです。

会食の予定があったり、特別なことがあったりする時は、夕食の代わりに朝食や昼食を置き換えてもいいです。

置き換えは1食だけに

早く結果を出したいからと3食全てサラダチキンにするのは危険です。

なぜなら、サラダチキンには脂質や糖質があまり含まれていないので、栄養が偏り、体調に不調をきたす恐れがあるからです。

一日3度の食事を

一日に、ちゃんと3食食べましょう。

あとの2食で、サラダチキンでは不足する脂質や糖質、植物性タンパク質などを補う必要があります。

サラダチキンは1個にしましょう。

いくら低カロリーだからと、一度に2個以上食べるとカロリーの摂り過ぎになるので、1回で食べるのは1個にしましょう。

よく噛んで食べると、少量でも満腹感を味わうことができます。

サラダチキンと一緒に野菜を食べましょう。

野菜を食べることでビタミンやミネラルを摂取することができますし、野菜に含まれる植物繊維が腸内環境を整え、便秘を解消する効果があります。

便秘はダイエットの大敵です。

また植物繊維は水を含むと膨らみ、腹持ちがよくなりますので、食事の時、水も一緒に飲むようにしましょう。

運動をしましょう

サラダチキンを食べるだけのダイエットと言っても、やはり運動をすることで、効果を早く実感することができます。

サラダチキンに含まれるタンパク質が早く筋肉になることを助けるからです。

筋肉をつけないと、痩せたとしても、引き締めたいところが引き締まったバランスのよい体型にはなりません。

健康的に美しく痩せたいですよね。‎

ウォーキングなどの有酸素運動と筋トレを無理のない程度で行いましょう。



期間はどれくらい?

サラダチキンダイエットはどのくらいの期間で行うのが適当なのでしょうか?

1週間などの短い期間で効果を上げようとすると、減量はできたとしても、筋肉量まで落ちてしまい、体型が崩れてしまいます。

また代謝も悪くなるので、脂肪が燃焼されなくなり、リバウンドしやすい体になってしまいます。

極端なダイエットは精神的にも大きな負担になるので、その後、暴飲暴食に走ってしまうということにもなりかねません。

サラダチキンダイエットはだいたい1ヶ月間という期間を定めて実施することをおすすめします。

それ以上になると、サラダチキンに含まれている添加物の影響なども心配になってきます。

食べ方について

サラダチキンはソテーにしたり、サラダに入れたり、もちろんそのままでも食べられますが、せっかく食べるなら、ダイエットの効果を高める食べ方を考えましょう。

しかし、手軽に買えるものなので、あまり手をかけない食べ方をしたいものですね。

それでは、手軽にダイエット効果を高める食べ方を3通り紹介します。

サラダチキンスープ

スープにすると、水分と一緒に摂取しますのでお腹にたまるし、野菜もたくさん摂ることができます。

また体を温めますので、ダイエットに最適です。

作り方は簡単です。

①水をいれた鍋にコンソメあるいは和風だしを入れ、火にかけます。

②玉ねぎ、キャベツ、ニンジンなど、家にある野菜を一口大に切って鍋に入れ、柔らかくなるまで煮ます。

③サラダチキンを手で裂いて加えます。

④洋風の場合は塩こしょうで味を調えます。

⑤コンソメ風やトマト味、中華味、味噌汁など、その日によって味付けを変えると飽きずに食べることができます。

カレースープも美味しいです。

ビーンズサラダ

スーパーやコンビニに売ってある茹でてあるビーンズを使ったサラダなら、植物性タンパク質を同時に摂ることができるのでおすすめです。

オリーブオイルでソテーしたサラダチキンをトッピングしたら美味しいですよ。

サラダチキンときのこのソテー

手で裂いたサラダチキンとエリンギやマイタケなど数種類のきのこをオリーブオイルでソテーします。

マヨネーズでソテーしても美味しいですが、マヨネーズを入れすぎないようにしましょう。

あったらブロッコリーを入れると更に美味しいです。

私はバター醤油味が好きですが、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。

きのこは低カロリーで、植物繊維やビタミン類、カリウムなどが豊富に含まれているので、ダイエットの強い味方です。

味付けも解説!

最近はいろいろな味付けのサラダチキンが発売されていますので、いくつか試してみて、自分の好きな味付けを見つけたらいいですね。

自由に味付けをするならプレーン味を使うのが便利です。



しかし、サラダチキン自体に味付けがされているので、強い味付けにして塩分や添加物の摂り過ぎにならないように気をつけましょう。

サラダにして食べる時も、サラダチキンは低カロリーなのに、ドレッシングでカロリーの摂り過ぎになる心配があります。

酢やレモン、シソなどを上手に使って味付けをしましょう。





 

コメント