宮内悠介の囲碁やプログラマーの経歴は?結婚と妻や父親もチェック!

ソーシャル
この記事の所要時間: 550

さん、宮内悠介という作家をご存じですか?

この方は麻雀や囲碁の腕はプロ並み、プログラミングは本業にしていた、小説家としてはSFから純文学まで自由自在というすごい方です。

この宮内悠介さんが第158回芥川賞候補にノミネートされています。

実は芥川賞候補になったのは2回目。それだけではなく、直木賞と山本賞の候補にもなり、三島賞を受賞するという前代未聞のことを成し遂げておられる方なのです。

今回は、そんな宮内悠介さんについてお伝えしたいと思います。

他の候補者についての記事はこちらです。

若竹千佐子の経歴について!出身大学と高校は?夫と子供も調査!
私は昨日「おらおらでひとりいぐも」という本を買い、一気に読んでしまいました。 これは、今回、芥川賞候補になった小説で、著者は若竹千佐子さん。 若竹千佐子さんは、何と63歳で小説家としてデビューし、処女作の「おらおらでひと...
石井遊佳の経歴について!インドに住む理由とは?結婚もリサーチ!
今度の芥川賞は1月16日(火)に決まります。 誰が受賞するのか楽しみです。 5人の作家さんがノミネートされていますが、その中に石井遊佳さんと言われる小説家がおられます。 石井さんは現在インドに住んでおられ、今回芥川...
木村紅美の経歴と芥川賞について!結婚は?出身大学と高校もチェック!
今日から大学入試センター試験が始まりますが、東北の日本海側や北陸では雪が心配ですね。 どうか受験生の皆さんが無事に2日間の試験を終えられますように。 さて、東北では今、二人の女性に注目が集まっています。 それは第1...
前田司郎の結婚が気になる!妻と子供は?経歴や父母もチェック!
2年程前に、「お母さんを責める前に」という新聞のコラムがとても話題になったことを覚えていらっしゃいますか? 飛行機で隣り合った赤ちゃんを連れたお母さんの大変さに接し、「どうか遠くのお客さん怒らないでください。」と語り「お母さん...

<スポンサード リンク>
 




宮内悠介のプロフィールを紹介!

宮内悠介さんのプロフィールは以下の通りです。

1979年1月18日に東京都で生まれます。現在38歳です。ちなみに一人っ子だそうです。

4歳でアメリカ西海岸に渡り、その後中学1年生までをニューヨークで過ごします。

帰国し、中学校ではブラスバンド部に入部。

早稲田大学高等学院に入学し、スキー部に所属。

早稲田大学第一文学部英文科に入学し、ワセダミステリクラブに所属。なかまと本の話をしたり、創作をしたりしておられました。

大学卒業後はインド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタンを放浪されます。

帰国後、麻雀プロの試験に補欠合格されるのですが、全く別の道であるプログラマーになられます。

一方、ワセダミステリクラブOBで構成する創作同人誌「清龍」において創作活動を続けられます。

2010年、うつ病になり会社を退職しますが、同じ年に囲碁を題材とした短編小説「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞。

2012年、様々な盤上ゲームを題材とした連作を書き、連作短編集「盤上の夜」で単行本デビュー。それが第147回の直木賞候補となり、また第33回日本SF大賞の受賞作になります。

2016年には「アメリカ最後の実験」で第29回山本賞候補になられます。

2017年には「カブールの園」で第30回三島賞を受賞され、また第156回芥川賞候補になられます。

そして、2017年12月20日に「ディレイ・エフェクト」で第158回芥川賞候補に選ばれます。2回目の芥川賞候補です。

「ディレイ・エフェクト」は文藝春秋から2月7日に発売予定です。

ディレイ・エフェクト [ 宮内 悠介 ]

何と、文学史上初めて芥川賞、直木賞、三島賞、山本賞全ての候補に選ばれるという快挙を成し遂げられました。

芥川賞は純文学に、直木賞はエンターテインメント作品に与えられるものなので、宮内悠介さんは純文学からSFまで広い範囲で活躍される小説家ということになります。

プログラミングがお好きだったので高校までは情報工学を志望されていたのに、大学で文学部に行かれたのは、ドストエフスキーに魅了されてしまったことが原因だそうです。

そうやって作家としての運命が開けていったのですね。

<スポンサード リンク>
 




囲碁やプログラマーの経歴は?

おばあさんが麻雀がお好きで、おばあさんに習って麻雀を覚えられたのだそうです。

あるインタビューで、中学生の頃は親に隠れて、友達と団地の屋上などでこっそり打っていたと語られています。

麻雀だけでなく、他の盤上ゲームにも興味があり、囲碁もその頃からされていたようです。

ご自分では、得意なのが麻雀、好きなのが囲碁と語っておられます。

だから最初の短編小説『盤上の夜』は囲碁を題材にされているのでしょうね。

一方、プログラミングに興味を覚えたのは、小学4年生の頃でした。

宮内悠介さんが住んでおられた頃のニューヨークは危険で、外で遊ぶなどということはできなかったそうです。それで放課後は家の中で、親が買ってくれた日本の漫画や本を読んでおられました。

小学4年生の時にコンピュータゲームを買ってもらったら夢中になりすぎて、すぐに取り上げられたのだそうです。そうしたら余計にやりたくなり、それが自分でプログラミングをするきっかけになります。

小学5年生でパソコンを買ってもらって、それからはゲーム作りばかりしていたそうです。

小学生が一人でそんなことをするなんて、ものすごく頭がいい方なんですね。

帰国してからは、コンピュータ好きの従兄弟に教えてもらって益々腕を上げていかれました。

仮想現実や人工知能への憧れがあり、またゲームを作る上で必然的に物語も考えるようになり、そのことが今につながっているそうです。

大学を卒業し、勢いで麻雀のプロ試験を受けたら補欠合格になるのですが、小説を書くためには会社員の体験もしなければという思いとプログラミングの腕を上げたいという思いから、ソフトハウスの会社に就職します。

そしてプログラマーとして活躍しながら小説を書く生活を続けられました。

しかし、仕事と執筆活動との狭間でうつ病になられ、2010年に会社を辞められますが、ちょうど同じ年に第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞を受賞され、後は作家として躍進されることになります。

結婚と妻や父親もチェック!

いろいろと調べましたが、結婚と妻については公表されていませんでした。

子ども時代をニューヨークで過ごされたので、父親の仕事についても興味があったのですが、父親についても言及してあるところはありませんでした。

もし宮内悠介さんが芥川賞を受賞されたら、また大きな話題になりますので、分かり次第こちらに追記したいと思います。

まとめ

麻雀、囲碁、プログラミング、小説と、全く違うジャンルで力を発揮される宮内悠介さん。本当にすごい方ですね。

またその作品には、いろいろな国での体験が生かされており、読む者の視野を広げてくれます。

これからも益々活躍していって欲しいです。

まずは1月16日の芥川賞の行方が気になりますね。

<スポンサード リンク>
 




コメント