山下紘加の出身大学と高校について!プロフィールと経歴もチェック!

山下紘加(やました ひろか)さんの「あくてえ」が第167回芥川賞候補作に選ばれました。

山下紘加さんは21歳で文藝賞を受賞し作家デビューを果たした女性です。

今回は、そんな山下紘加さんの出身大学と高校、プロフィールと経歴、そして候補作「あくてえ」のあらすじについてお伝えします。

<スポンサード リンク>
 




山下紘加の出身大学と高校について

まず、山下紘加さんの出身大学と高校について見てみたいのですが、山下紘加さんの出身大学と高校については、今のところ、情報を探し出すことができませんでした。

山下紘加さんは東京都の出身ということなので、高校は東京都内ではないかと思いますが、具体的な情報が何もありません。(汗)

山下紘加さんの出身大学と高校について、何か分かりましたら、こちらに追記したいと思います。



山下紘加のプロフィールと経歴

次に山下紘加さんのプロフィールと経歴についてお伝えします。

しかし、山下紘加さんについては、まだわずかな情報しかありません。

また、画家の山下紘加さんは全く違う方です。

プロフィール

山下紘加さんのプロフィールは以下のようになっています。

名前 山下紘加(やました ひろか)

生年月日 1994年

年齢 28歳

出身地 東京都

2015年 「ドール」で第52回文藝賞を受賞しデビュー

2022年 「あくてえ」で第167回芥川賞候補に

経歴

山下紘加さんは1994年に東京都で生まれました。

誕生日は公開されていませんが、年齢は28歳とあるので、1月から7月までが誕生の月だと思われます。

山下紘加さんは子供の頃から本が好きでした。

山下紘加さんは中学時代はバレーボール部に所属して活動していましたが、そんな中でも読書は欠かさなかったようです。

そして、中学3年生の時に「小説を書きたい!」と強く思ったそうです。

2015年に、「ドール」を文藝賞に応募した時は、どうしても小説家になりたいという必死の思いがありました。

そして、第52回文藝賞を受賞しました。

この時、山下紘加さんは21歳。

中学3年生からの小説家になるという夢を持ち続け、夢をつかんだのですね!

山下紘加さんは「言葉」を特に意識して、慎重に丁寧に「ドール」を書き上げたのだそうです。

若いのに素晴らしいですね。

その後、山下紘加さんは作品を次々に発表して来られましたが、今年2022年、「あくてえ」が第167回芥川賞にノミネートされました。



「あくてえ」のあらすじ

芥川賞にノミネートされた山下紘加さんの「あくてえ」のあらすじを簡単にご紹介しておきます。

主人公は19歳のゆめ。

ゆめは母と祖母との3人暮らしを送っています。

「あくてえ」というのは悪口や悪態という意味の甲州弁で、ゆめは幼い頃から聞いてきた祖母の方言が身に染みています。

ゆめは90歳の祖母のことを侮辱を込めて「ばばあ」と読んでいます。

この憎たらしい「ばばあ」に「あくてえ」をつきながら奮闘するゆめのヘヴィな日常が綴られています。



タイトルとURLをコピーしました