古川真人(芥川賞候補作家)の出身高校と大学について!結婚は?経歴も解説!

ソーシャル
この記事の所要時間: 514

第162回芥川賞が発表されました!

古川真人(ふるかわ まこと)さん「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」です

古川真人さんはデビューしてまだ4年目、そして今回4度目のノミネートで芥川賞に輝きました。

すごいですね!

古川真人さんって一体どんな方なのでしょう?

今回は、第162回芥川賞を受賞された古川真人さんの出身高校と大学、結婚、そして経歴についてお伝えします。

他の162回芥川賞候補作家についてはこちらをご覧ください。

高尾長良(芥川賞候補作家)の本名について!出身高校と大学は?医師としての勤務先も調査!
高尾長良さんの「音に聞く」が第162回芥川賞候補作品になりました。芥川賞候補になるのはこれで3回目です。高尾長良さんは20代の女性。しかも医師!今回は高尾長良さんの本名や出身高校と大学、医師としての勤務先、経歴そして結婚について調べてみました。
乗代雄介(芥川賞候補作家)の経歴とプロフィール!結婚は?出身高校と大学もチェック!
乗代雄介さんの「最高の任務」が第162回芥川賞候補作に選ばれました。乗代雄介さんは独特な手法と文体で読者を惹きつける小説家で大きく注目されています。今回は、そんな乗代雄介さんの経歴とプロフィール、結婚、出身高校や大学について調べてみました。
木村友祐(芥川賞候補作家)の出身大学と高校について!結婚は?経歴もチェック!
第162回芥川賞に木村友祐さんの「幼な子の聖戦」がノミネートされました。木村友祐さんは青森県八戸出身の小説家で東日本大震災の経験があります。今回はそんな木村友祐さんの出身大学と高校、結婚、経歴とプロフィール、そして兄と家族に迫ります。
千葉雅也(芥川賞候補)の父について!結婚は?出身高校と大学も調査!
第162回芥川賞の候補作に千葉雅也さんの「デッドライン」が選ばれました。ツイッターで4万人越のフォロワーを持つ千葉雅也さんは哲学者です。今回は千葉雅也さんの父、結婚、出身高校や大学そして経歴とプロフィールに迫ります。 千葉雅也の父について

<スポンサード リンク>
 




古川真人の出身高校と大学について

それではまず、古川真人さんの出身高校と大学について見てみましょう。

古川真人さんの出身高校は第一薬科大学付属高校です。

この高校は福岡県福岡市にある私立高校で、普通科と保育科があり、普通科には普通コースと薬進コースそれに芸能コースがあります。

九州で唯一、芸能人を養成するためのコースがある高校です。

第一薬科大学付属高校の卒業生には氷川きよしや絢香、スザンヌ、CHAGE and ASKAなど、有名な芸能人が多数おられます。

高校卒業後、古川真人さんは國學院大学文学部に進学します。

國學院大学は東京にある私立大学です。

しかし、古川真人さんは大学を中退されています。

大学中退の理由は3年生に進級できなかったからのようです。

研究会に所属しておられたようで、そちらに夢中で、勉強を真面目にされなかったみたいです。



古川真人の結婚は?

古川真人さんは現在30歳です。

結婚されているのかどうか調べてみましたが、古川真人さんの結婚についての情報は見つけることができませんでした。

新進気鋭の作家さんで、今乗りに乗っておられるので、結婚はまだ考えておられないのかも知れませんね。

でも、妻や子供は一般の方なので非公開にされる作家さんも多く、本当のところは分かりません。

結婚についての情報が分かりましたら、こちらに追記させていただきますね。



古川真人の経歴とプロフィール

それでは古川真人さんの経歴とプロフィールを見ていきましょう。

古川真人さんは1988年7月29日、福岡県福岡市に生まれました。

現在、31歳です。

近くに親戚がたくさんおられ、古川真人さんは小さい頃、親戚のおじいちゃんやおばあちゃんとよく遊んでいたそうです。

その経験が、古川真人さんの作品の主人公が老女だったり、九州の方言が使われたりしていることにつながっているのでしょうね。

また母親の故郷は長崎県の島だということで、これも主人公の老女が長崎県の離島の出身ということと重なります。

中学時代の古川さんは人と話すのが苦手で、マクドナルドでの注文も自分ではできなかったそうです。

古川真人さんは中学3年生の時、三島由紀夫の「仮面の告白」を読み、文学を意識するようになります。

そして高校時代には文芸サークルに入り、高校3年生の時にはすばる新人賞に応募しました。

大学は上述したように中退したのですが、4年間在学していたようです。

大学を中退した後は6年間も、何もしない日々が続きました。

ご自分で「無為な6年間の後半は隠居した爺さんのようだった。」と言われています(笑)

30歳を目前にして、就職活動もアルバイトもしないで、ただただ「これから自分はどうなるのだろう?」と考えていたそうです。

そして2016年に「縫わんばならん」で小説家としてデビューすると、その作品が第48回新潮新人賞を受賞

そして第156回芥川賞にノミネートされます。

6年間も冬眠していて、目が覚めたらいきなりの快挙!

信じられない流れですね。

6年間、もしかしたら目には見えないけど、心の中で作品の根底となるものが蓄積されていたのかも知れませんね。

翌2017年には「四時過ぎの船」第157回芥川賞と第31回三島由紀夫賞にノミネートされます。

2019年、「ラッコの家」第161回芥川賞候補に。

そして今回、「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」で第162回芥川賞を受賞!

「背高泡立草」は1月24日頃、発売予定です。

古川真人さんはデビューしてわずか4年で、4回も芥川賞にノミネートされ、みごと芥川賞作家になられました。

古川真人さんってほんとにすごい作家さんです。

古川真人さんは現在、神奈川県横浜市に住んでおられます。

古川真人の本名は?

「古川真人」というのはペンネームだそうです。

それでは本名は何だろうと気になったのですが、古川真人さんの本名についての情報は全くありませんでした。

まとめ

今回は、デビューしてまだ4年目なのに、第162回芥川賞に輝いた古川真人さんの出身高校と大学、結婚そして経歴についてお伝えしました。

古川真人さん、本当におめでとうございました!

古川真人さんについてはまだまだ知りたいことがたくさんあります。

今後も古川真人さんに注目していきます。



タイトルとURLをコピーしました