バレンタイン2018は抹茶が人気!おすすめブランドは?ほうじ茶チョコもチェック!

ソーシャル
くらし
この記事の所要時間: 652

年もバレンタインデーが近づいてきましたね。

自分にとって大切な人達に、今年は何をあげようかと悩んでおられる方も多いことでしょう。

私は先日、地元熊本のデパート、鶴屋で開催されているバレンタインスクエアに行ってきました。

どれもすごかったんですけど、抹茶チョコレートにとっても心惹かれました。

やっぱり日本人だから、お茶の風味は落ち着きますよね。

ちょっとの渋みとまろやかなチョコレートのハーモニー、最高です。

バレンタイン2018は抹茶がとても人気なのだそうです。

それに、抹茶は今、外国からの旅行者にすごく注目されているようですね。

今回は、抹茶チョコレートについて、特に私が、バレンタインスクエアで、見て、食べて、自信をもっておすすめできるブランドについてまとめてみました。

鶴屋バレンタインスクエアの記事はこちらからどうぞ。

熊本鶴屋のバレンタインスクエア2018に行ってきました!おすすめやびっくりチョコを紹介!
今日2月1日から、熊本鶴屋でバレンタインスクエア2018が開催されます。それで、さっそく行ってきました!平日だから余裕かなと思ったのに、やっと駐車できました。ふう、すごいですね。今日は熊本鶴屋のバレンタインスクエア2018の報告です。

<スポンサード リンク>
 




バレンタイン2018の抹茶チョコについて

抹茶チョコはたくさんのブランドから出ています。

主なブランドを以下に紹介します。

辻利

辻利は京都宇治の老舗茶舗です。

ペットボトルのお茶でも有名ですよね。

辻利は萬延元年(1860年)に辻利右衛門によって創業されました。

辻利右衛門は保存性の高い缶櫃(かんびつ)の考案や「玉露製法」の確立により、宇治茶の衰退を救った人物として知られています。

辻利コレクション(8個入り) 2,549円

宇治園

宇治園も京都の老舗です。

明治2年に、京都の山城で重村源兵衛が創業しました。

歴史を大切にしながらも、今の時代に適応し、海外にも販路を広げています。

抹茶生ショコラ 小佳女(16個入り) 1,296円

伊藤久右衛門

伊藤久右衛門は天保3年(1833年)に京都宇治に創業した歴史ある茶舗です。

茶葉はもちろんですが、美味しそうな抹茶スイーツが豊富にあります。

宇治抹茶生チョコレート(16粒入り) 1,080円(税込)

嵯峨乃彩

嵯峨乃彩は京都の株式会社嵯峨野松風のチョコレートブランドです。
和の世界を鮮やかに表現したチョコレートとパッケージで人気です。

メリーチョコレート

日本の有名なチョコレートブランド、メリーチョコレートから出ているバレンタインコレクションの中の「奏 KANADE」というブランドに様々な日本茶を使ったチョコレートがあります。

2016年と2017年にフランスのチョコレート品評会で金賞を受賞したショコラティエが監修しています。

ゴンチャロフ

大人気のゴンチャロフの中に、和香楽楽というバレンタイン専用のブランドがあります。

チョコレートもパッケージもあでやかです。

抹茶ぞろえ(4個入り) 540円(税込)

ロイズ

北海道のお土産としても大人気のロイズのチョコレート。

ロイズのチョコレートは、北海道当別町ふと美というすばらしい環境で作られます。

ロイズの中にも抹茶の生チョコや生チョコプラリネがあります。

生チョコレート 抹茶ギフト(20粒入り) 777円(税込)

カカオ亭

カカオ亭は、素材のカカオにこだわり、「和」テイストのショコラ菓子を開発する京都のチョレート専門店です。

個性的な抹茶チョコレートが食べられます。

<スポンサード リンク>
 




おすすめブランドは?

抹茶チョコレートは上記以外にも、本当に多くのブランドが、見た目も味もより優れたものを目指して開発していますが、ここでは私が見て食べて自信もっておすすめできるブランドを3つご紹介しますね。

宇治園

私が一番美味しいと思ったのは、宇治園の抹茶生ショコラ 小佳女です。

バレンタインスクエアの会場を一周した後、迷わず宇治園のブースに戻って、自分用に買いました。

生チョコのまろやかさと宇治抹茶の苦みのマッチングが絶妙!

私は、買ってきた日から、毎日1~2個ずつ食べて楽しんでます。

形もパッケージも華やかさには欠けますが、味は絶対保証します。

味重視の方向けです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宇治抹茶生ショコラ「小佳女」
価格:1296円(税込、送料別) (2018/2/7時点)

 

嵯峨乃彩

まあ、美しい!

思わず足を止め、見入ってしまいました。

お抹茶ショコラ

パッケージはイラストレーター、加藤 彩さんの作で、古事記の中の「三輪山伝説」より赤い糸をコンセプトにし、鳥や蝶、花など、和風ファンタジーな世界が描かれています。

宇治、西尾、八女、静岡と日本の名産地の抹茶をチョコクリームとして使っています。それぞれの抹茶の風味を食べ比べすることができます。

6個入り×2箱セット 2,160円(税込)

花舞傘

こちらのパッケージは缶になっていて、デザインはやはり加藤 彩さんです。

こちらは抹茶だけでなく、黒蜜きな粉、抹茶、柚子のガナッシュが和傘をモチーフにしたチョコの中に入っています。

お世話になっている方へのプレゼントにぴったりですね。

1,620円(税込)

カカオ亭

さすが、カカオにこだわり続けるカカオ亭のショコラです。

チョコレートのマシュマロを溶かし込んであり、もちもちした新しい食感です。

ちょっと珍しい抹茶チョコレートをお探しの方におすすめです。

カカオキュート日本茶セット(3個入り) 2,160円

ほうじ茶チョコもチェック!

私はどちらかというと抹茶の方が好きなんですが、ほうじ茶がお好きな方もおられますよね。

ほうじ茶は焙煎されているので、独特の香ばしさがありますね。それにまろやかで、カフェインはほとんど入っていないのだそうです。

体に優しいお茶なんですね。

今年は、そんなほうじ茶チョコも人気なんです。

それでは、上に紹介したブランドからほうじ茶チョコをご紹介します。

宇治園

こおばしさが残る高級ほうじ茶とベルギー産チョコレートの融合です。

ほうじ茶 生ショコラ「火男」 16粒入り 1,296円(税込)

抹茶とほうじ茶の2種類が入った相愛(あいあい)セットもあります。

1,944円(税込)です。

嵯峨乃彩

和の風味の半球形チョコレートが入っている花玉ショコラには、ほうじ茶と小豆、胡麻、桜という4つの輪素材が入っています。

花玉ショコラ(小)(4個入り)×3箱セット 1,944円(税込)

伊藤久右衛門

高温で焙煎した茶色のほうじ茶の生チョコ。

口に入れるとふわっとほうじ茶の優しい香りが広がり、溶けていきます。

ほうじ茶生チョコレート(16粒入り) 1,080円(税込)

まとめ

抹茶チョコレート、いかがでしたか?

美味しそうでしょ?

チョコレートに普段興味ない方も、せっかくの機会ですから、お近くのバレンタインフェアに行かれたら、いろいろな発見があると思います。

もし、お時間がない方は、私のこの記事を参考にされたら、間違いはないと思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

 

コメント