町屋良平のプロフィールと経歴について!結婚は?出身大学と高校も調査!

ソーシャル
この記事の所要時間: 439

さん、こんにちは。

先月、第160回芥川賞の候補作が発表されましたね。

町屋良平(まちや りょうへい)さん「1R(いちラウンド)1分34秒」もその一つです。

町屋良平さんは前回に続き、2度目のノミネートとなります。

町屋良平さんは2016年に文藝賞を受賞されて以来、今注目が集まっている作家さんです。

今回は、この町屋良平さんのプロフィールと経歴、結婚そして出身大学と高校に迫ってみたいと思います。

【追記】

町屋良平さんの「1R1分34秒」が第160回芥川賞に輝きました!

おめでとうございます!

<スポンサード リンク>
 




町屋良平のプロフィールと経歴について!

それでは町屋良平さんのプロフィールと経歴を見ていきたいと思います。

町屋良平さんは1983年に東京都に生まれました。

誕生日が公表されていないので、現在33歳か34歳ということになります。

びっくりすることに、20歳を過ぎても読書にはそれほどの関心がなかったのだそうです。

漫画は好きで、家には漫画がたくさんの漫画がありました。

本は、さくらももこさんのエッセイが好きで、それが文章に関心を持つようになった始めだそうです。

また若い頃、山田詠美さんの「僕は勉強ができない」を読んで、町屋良平さんの中に文学に対する興味が起こりました。

それから執筆活動をするようになり、別の名前で同人誌「らくせん」を作ったりもされていたようです。

2016年、「文藝」に「青が破れる」を発表し、それが第53回文藝賞を受賞して作家としてデビューします。

応募作1692篇の中から文藝賞に選ばれたのだそうです。

同作は第30回三島由紀夫賞の候補にも選ばれます。

2017年には同作で本屋大賞第149位になります。

2018年6月には「しき」が第159回芥川龍之介賞にノミネートされました。

そして今回、「1R(いちラウンド)1分34秒」で2度目の芥川賞候補に選ばれます。

町屋良平さんの作品は、その文章が新しさを感じさせます。

町屋良平さんの作品を読む人は文章に魅了されるのだそうです。

多くはないのですが、幼い頃の読書体験が今の町屋さんの文章を作っているようです。

町屋さんには子供の頃から独特の感性があったのでしょうね。

町屋良平さんは現在、会社員をされる傍ら小説を書いておられます。

東京都在住です。

ちなみにSRSジムというところで、もう5,6年、ボクシングをされているそうです。



結婚は?

町屋良平さんの結婚について調べてみましたが、残念ながら、結婚に関する情報は見つけ出すことができませんでした。

町屋良平さんは30代前半ということで、結婚して子供さんがおられてもおかしくない年代ではありますが、結婚はまだされていないのかも知れません。

これから素敵な出会いが待っているのかも知れませんね。

いずれにせよ、町屋良平さんは会社員をしながら小説家としてもデビューし、将来を有望視されている方です。

とても堅実で頑張り屋さんなのでしょうね。

結婚されても、今と同じように真面目に頑張り、結婚生活を大切にされるのではないでしょうか。

何か新しいことが分かりましたら、こちらに追記させていただきます。



出身大学と高校も調査!

町屋良平さんの出身大学と高校についても調べたのですが、今のところ、町屋良平さんは出身校についても公表しておられません。

東京生まれで、現在も東京に住んでおられるということなので、たぶん東京の大学や高校に通われたのではないかと思いますが、残念ながら具体的なことは分かりませんでした。

大学ではどんな学部で学ばれたのかも興味があるのですが。

これから益々、小説家として有名になられたら、出身大学や高校のことも話題になると思いますので、分かりましたらそれもこちらに追記させていただきます。

まとめ

今回は2度目の芥川賞候補に選ばれた町屋良平さんについてお伝えしてきました。

町屋良平さんは文章をとても大事にされている方です。

ご自分でもこんな風に言われています。

物語をどういう文章で書くかということを考えることが、ぼくが小説を書く上で一番大事にしているところです。どういう文章をつかって物語をつくると一番小説として生きてくるのかっていうことを、考えるということですね。

引用元 http://magazine.moonbark.net/interview/machiya1/2/

第160回芥川賞の発表は1月16日(水)です。

楽しみですね。

【追記】

町屋良平さん、第160回芥川賞の受賞、おめでとうございました!



コメント