のび太の月面探査記のルナの正体とは?ルカとの関係も解説!

ソーシャル
くらし
この記事の所要時間: 533

もうすぐ3月。

随分温かくなりましたね。

この時期になると、毎年、ドラえもんの映画が話題になりますね。

子供達はお父さん、お母さんに連れて行ってもらうのが楽しみです。

今年の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、辻村深月さん脚本ということでさらに大きな話題になっているし、私もとても興味があります。

辻村深月さんは2012年、直木賞を受賞し、昨年は本屋大賞に輝きました。

辻村深月の夫と子供について!出身大学と高校は?プロフィールもチェック!
皆さん、辻村深月(つじむら みづき)さんをご存知ですか? 辻村深月さんは若者の揺れ動く気持ちをその繊細な感覚で描き、広い層のファンを魅了している作家さんです。 5日前の3月24日には辻村さんと尾木ママのトークイベントが開催され、...

本屋大賞の受賞作「かがみの孤城」は私も読みましたが、本当にすばらしかった!

かがみの孤城のあらすじとネタバレをチェック!感想や評価は?登場人物も紹介!
2018年本屋大賞は辻村深月さんの「かがみの孤城」に決定しました。これは、自分を大切にして生きることを教えてくれる一冊です。今回は、そんな「かがみの孤城」のあらすじとネタバレ(直前)、感想や評価、登場人物についてご紹介したいと思います。

そんな辻村深月さん脚本の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」はきっと楽しさと感動に満ちていることでしょう。

この映画にはルナルカという子供が登場しますが、不思議な子供達です。

そんなルナの正体とは何なのでしょうか?またルカとの関係は?

今回は「のび太の月面探査記」のルナの正体とルカとの関係についてお伝えします。

大人も子供も、ちょっとだけ予習して行くと、さらに楽しめますよ!

「のび太の月面探査記」のあらすじのネタバレについてはこちらをご覧ください。

のび太の月面探査記のあらすじのネタバレが気になる!小説もチェック!
3月1日に辻村深月さん脚本の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が公開されます。直木賞作家で昨年の本屋大賞に輝いた辻村深月さんは子供の頃から大のドラえもん好きでした。そんな辻村さんが書かれた「映画ドラえもん のび太の月面探査記」はどんなお話なのでしょう?

<スポンサード リンク>
 




「映画ドラえもん のび太の月面探査記」について

直木賞作家であり、2018年の本屋大賞にも輝いた辻村深月さんは、子供の頃からドラえもんが大好きでした。

でも脚本を依頼された時は、「藤子・F・不二雄先生が書かれたお話の続きを自分が書いていいのか。」と緊張とプレッシャーを感じたそうです。

そんな時、藤子・F・不二雄先生のアシスタントをされていた方に励まされ、楽しんで書くことができました。

そうやってできたのが「映画ドラえもん のび太の月面探査記」です。

小説も出ていますよ。

「のび太の月面探査記」のあらすじは以下のようなものです。

日本の技術を駆使してできた月面探査機「ナヨタケ」が白い影を捉え、大ニュースになりました。

のび太はそれを月のウサギだと信じますが、誰も相手にしません。

そこでドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って、月に行き、月の裏側にウサギ王国を作ることにしました。

その頃不思議な少年ルカが転校してきます。

ルカはのび太達と一緒にウサギ王国を見に行くことになります。

のび太達は、そこでエスパルと言われる不思議な力を持った子供達と出会います。

すると、謎の宇宙船が現れ、エスパル達が捕まってしまいます。

そして、月から大宇宙への大冒険が始まります。



ルナの正体とは?

月の裏側で、のび太達はルナという少女に出会います。

ルナの正体とは一体何なのでしょうか?

ルナはエスパルと言われる子供達の一人でした。

エスパルは全部で11人。

その中にルナがいました。

ルナはエスパル達をお世話するお姉さん、あるいは母親的存在です。

ルナ達エスパルは、カグヤ星の天才生物学者、ゴダール博士夫妻が作った種族です。

ですから、エスパルにとって、ゴダール博士夫妻は、血は繋がっていないものの、お父さんとお母さんなのです。

エスパルはエーテルという不思議な力を持っていました。

地球の言葉もテレパシーで読み取ることができるのです。

エスパルは全員子供に見えますが、若いうちに肉体の成長が止まるようにできていた

のです。

子供に見えるけど、ルナ達の年齢は何と1000歳を超えていました。

1000年前、カグヤ星の軍部がエスパルの持つ力を悪用しようとしたので、ゴダール博士夫妻は、エスパル達を逃がすことにしたのです。

一度は地球にも来たことがありますが、地球は既に文明が栄えていたので、エスパル達を月で暮らさせることにしたのでした。

1000年前の日本は平安時代。カグヤ星・・・。

そう、ルナの正体はかぐや姫だったのです。



ルカとの関係も解説!

のび太のクラスに転校してきた不思議な少年ルカ

ルカは転校して来た日から帽子をかぶっていました。

このルカとルナは、一体どんな関係なのでしょうか?

ルカが帽子を取ると、そこにはウサギのような耳が。

ルナにも同じように長い耳があります。

実はルカはルナの弟、つまり二人は兄弟でした。

と言っても、血が繋がっているのではなく、二人ともゴダール博士夫妻によって作られたエスパルだったのです。

ルカは前から行ってみたかった地球に、ルナに内緒で行き、そこでのび太達と知り合い、ルナ達のいる月の裏側に戻って来たのでした。

ルナはいなくなったルカを、姉としてとても心配し、そして戻って来たことを心から喜びました。

まとめ

皆さん、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」のルナの正体とルカとの関係、お分かりになられましたか?

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」はいよいよ、3月1日(金)に公開です。

この映画の中には、友情や親子の関係など、大切なことがたくさん出てきます。

のび太が友達を知らなかったルカに語りかけるこの言葉がとても印象的です。

きっと、辻村深月さんが映画を見てくれる子供達に、一番伝えたい言葉なのだろうと思います。

友達は仲間だよ。友情でつながっている仲間。

友達が悲しい時には自分も悲しいし、嬉しい時は一緒に喜ぶ。ただ友達っていうそれだけで、助けていい理由にだってなるんだ。

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」より

映画、楽しみですね!



コメント