町田その子の出身高校と大学について!結婚は?経歴もチェック!

町田その子さんの「52ヘルツのクジラたち」が2021年の本屋大賞に輝きました!

おめでとうございます!!

町田その子さんは、理美容専門学校を卒業し、九州の福岡で執筆活動をされている作家さんです。

町田その子さんの作品は「明日もがんばってみよう。」と読者を温かく励ましてくれます。

今回は、そんな町田その子さんの出身高校と大学、結婚と夫と子供そして経歴とプロフィールに迫ります。

本屋大賞受賞作「52ヘルツのクジラたち」については、こちらをお読みください。

52ヘルツのクジラたちのあらすじとネタバレ!結末は?書評も紹介!
町田その子さんの「52ヘルツのクジラたち」が2021年本屋大賞を受賞しました!「52ヘルツのクジラたち」は本当に深くて優しい物語です。今回は本屋大賞2021に輝いた「52ヘルツのクジラたち」のあらすじと内容、ネタバレ、結末そして書評を紹介します。

<スポンサード リンク>
 




町田その子の出身高校と大学は?

まず、町田その子さんの出身高校と大学を見ていきたいと思います。

しかし残念ながら、町田その子さんの出身高校は分かりませんでした。

町田その子さんは福岡県に生まれ福岡県で育ったそうなので、当然、出身高校は福岡県内の高校だと思われます。

また、町田その子さんは高校時代に演劇部の台本を書いていたそうです。

それで、福岡県で演劇部のある高校を探してみたら、西南学院高校、福岡高校、精華女子高校、福岡女子高校など23校くらいありましたので、そのうちのどこかの高校ではないかと思います。

次に、町田その子さんの出身大学ですが、町田その子さんは大学は出ておられません。

町田その子さんは北九州市立高等理容美容学校に進まれました。

小説家志望なのに理美容専門学校だなんて、町田その子さんはとても珍しい経歴をお持ちですね。

町田その子さんは「大学も出ていないのに作家になんてなれない。」とコンプレックスを持っておられたそうですが、作家になるのに学歴なんて関係ないですよね。

やっぱり、必要なのはその人の才能や情熱や努力なのではないでしょうか。

町田その子さんは専門学校を卒業した後、理容店やお菓子屋さんで働きましたが、その経験がその後の作品作りに生かされているそうです。



町田その子の結婚と夫と子供について

次に、町田その子さんの結婚と夫と子供についてです。

町田その子さんは20代で結婚されて、今は夫と3人の子供さんの5人家族です。

子供さんが小さかった時は、子供さんをあやしながら携帯小説を書いていたそう。

今はダイニングテーブルに常にパソコンを置き、家事をしながら何か思いついたらパソコンに向かうという毎日だそうです。

そういう中で、洗濯機の中の洗濯物を干し忘れたり、電子レンジの中の物を出し忘れたりということもよくあるのだとか。

忙しくて、一生懸命で、ちょっとドジなお母さん、素敵ですね!

ご家族のご意向で、夫や子供さんの具体的なことは非公開になっています。

でもきっと、町田その子さんの夫は、そんな町田さんを温かく支えておられる方なんだろうなと思います。



町田その子の経歴とプロフィール

最後に、町田その子さんの経歴とプロフィールを見てみましょう。

経歴

町田その子さんは1980年3月9日に福岡県北九州市で生まれました。

現在41歳です。

町田その子さんには2歳下と10歳下の2人の弟さんがおられます。

町田その子さんの母親は漫画や小説が好きな方で、母親の影響で、町田その子さんもよく漫画を読むようになりました。

小学3年生の時、母親から紹介された氷室冴子さんの「クララ白書」にはまってしまい、それから小説を読むようになります。

町田その子さんは小学時代にいじめられていた時期がありました。

でも、どんなに辛いことがあっても、氷室さんの小説に励まされて学校に行っていたそうです。

小学4年生の時、国語で物語を作る宿題が出て、町田その子さんは創作の楽しさに目覚めました。

そして中学生になると、作家になりたいと思い始め、氷室さんに会ってお礼を言うのが、町田さんの夢になりました。

高校時代は前述したように、演劇部のために台本を書いたり、その他にも小説を書いたりしていました。

ところが、町田その子さんは高校を卒業すると、母親の勧めで理美容学校に進みます。

そして小説を書くことから離れていきました。

専門学校卒業後は理容店やその他いろいろな職に就き、その後結婚して子供も生まれます。

ところがそういう時に氷室冴子さんの訃報に接して、それをきっかけに自分の夢を思い出し、本気で作家を目指し始めました。

そして子育てをしながら携帯小説の執筆を始めます。

それから町田その子さんは自分なりにすごく勉強して、2016年、遂に「カメルーンの青い魚」で女による女のためのR-18文学賞 大賞を受賞し、小説家デビューを果たしました。

現在、町田その子さんは朝、家族を送り出してから、夕方6時まで、家事をしながら執筆をするという日々を送っておられます。

そんな町田その子さんの「52ヘルツのクジラたち」が2021年の本屋大賞を受賞しました!

プロフィール

町田その子さんのプロフィールを以下にまとめておきます。

名前 町田その子

生年月日 1980年3月9日

出身地 福岡県北九州市

最終学歴 北九州市立高等理容美容学校

2016年 「カメルーンの青い魚」で第15回女による女のためのR-18文学賞大賞受賞。

同年 小説家デビュー

2017年 初めての単行本「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」を発刊

2020年 「コンビニ兄弟—テンダネス門司港こがね村店—」が話題に

2020年 「52ヘルツのクジラたち」が第4回未来屋小説大賞、「王様のブランチ」BOOK大賞2020を受賞

2021年 同作が2021年本屋大賞受賞

まとめ

今回は、2021年本屋大賞に輝いた町田その子さんの出身高校と大学、結婚と夫と子供そして経歴とプロフィールについてお伝えしました。

受賞作「52ヘルツのクジラたち」は児童虐待を扱った作品で、孤独な2人の出会いとつながりが大きな感動を呼んでいます。

町田その子さんは、このように語っておられます。

私、読み終えた後に「明日も頑張ろう」って思えるものを書く、というのが原点なんですよ。私が氷室冴子さんの本でいただいたものを、自分の本で誰かにお返ししたい、とまで言うのはおこがましいかもしれないですけれど、私の本を読んだ後に「明日も、ちょっとだけでも頑張ろう」と思ってもらえたら。

引用元http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi225_machida/20210123_7.html




タイトルとURLをコピーしました