砂川文次(芥川賞候補)の出身大学と高校について!結婚は?経歴も調査!

ソーシャル
この記事の所要時間: 42

さん、こんにちは。

砂川文次(すながわ ぶんじ)さんという作家さんをご存じですか?

まだ新人の作家さんですが、発表される作品がどれも大変話題になる方です。

その砂川文次さんの「戦場のレビヤタン」が、第160回芥川賞候補作に選ばれました。

理知的で客観的な文章を通して、戦争とは何なのか、最大の敵とは誰なのかを考えさせられる作品です。

今回は、芥川賞候補に選ばれた砂川文次さんにフォーカスしてみたいと思います。

<スポンサード リンク>
 




砂川文次の出身大学と高校について

それではまず、砂川文次さんの出身大学と高校について見てみたいと思います。

砂川文次さんの出身大学は神奈川大学です。

神奈川大学は神奈川県横浜市にある私立大学で1949年に設置されました。

神奈川大学はスポーツも盛んで、箱根駅伝や全日本大学女子サッカー選手権で優勝経験があり、元なでしこジャパンの矢野喬子さんや松岡実希さんの出身校です。

またアンジャッシュの渡部建さんや浜田省吾さんも神奈川大学の卒業です。

神奈川大学には法学部や経済学部など7つの学部がありますが、文学部はありません。

砂川文次さんはどの学部だったのか分かりませんでしたが、何学部で学ばれたのか興味があります。

分かったら、また追記しますね。

砂川文次さんの出身高校についても、今のところ情報を見つけることができませんでした。

こちらも分かりましたら追記させていただきます。



結婚や彼女について

砂川文次さんの結婚や彼女についても、残念ながら確かな情報を見つけることはできませんでした。

でも、多分・・・結婚はしておられないと思います。

それは、まだまだ少年のようなとても素直な面影なので、私が勝手にそう思うんですけど。

彼女がおられるかどうかも分かりません・・・。

お仕事をして小説の執筆までされているので、彼女ができる余裕あるかなと思ったりしますが、こればかりは分かりませんね。



経歴も調査!

砂川文次さんの経歴についても見てみたいと思います。

砂川文次さんは1990年生まれです。

出身はどこなのかは分かりませんでしたが、現在は東京都在住ではないかと思います。

神奈川大学を卒業して自衛隊に入られました。

2016年に発表された「市街戦」の主人公Kは、一般大学を卒業して自衛隊員になります。

Kは自衛隊に入りたいという強い意志があったわけではなく、ただ公務員の中の一つの職業として自衛隊を選びます。

これは砂川文次さんご自身のことかも知れませんね。

砂川文次さんはその後自衛官を退職し、東京都内の区役所に勤務されるようになります。

2017年に発表された「バベルの褒賞」の主人公Kは 区役所の行政文書課で働いています。

これもご自分のことかも知れません。

砂川文次さんは現在も東京都内の区役所に勤めておられます。

実は今回、芥川賞候補になった「戦場のレビヤタン」の主人公は武装警備員であるK。

2016年の「熊狩り」の主人公もK。

砂川文次さんの作品の主人公はいつもKなんです。

基本的に主人公は皆、砂川文次さんご自身なのかも知れません。

砂川文次さんは2016年、「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞されます。

その後の「熊狩り」、「バベルの褒賞」も話題作となり、今回、「戦場のレビヤタン」が第160回芥川賞候補に選ばれます。

「戦場のレビヤタン」は「文學界」2018年12号に掲載されました。

単行本は2019年1月31日に発売予定です。

予約はこちらからできます。

砂川文次さんについては、まだ詳しい情報がありませんが、きっとこれから話題になると思います。

情報が分かり次第、またこちらに追記していきたいと思います。

これからが楽しみな作家さんです。




 

 

 

 

 

 

コメント