加藤明(ペルー女子バレー監督)の家族について!死因は?経歴もリサーチ!

ソーシャル
この記事の所要時間: 346

皆さん、加藤明(かとうあきら)さんという方をご存じですか?

この方はバレーボールの監督をされた方なのですが、ペルーでは知らない人がいないほど有名な方なのです。

加藤明さんは弱小チームのペルー女子バレーボールチームをオリンピックで4位入賞するほどの強いチームにし、ペルーでその生涯を閉じた方なのです。

今回はそんな加藤明さんについてまとめてみました。

<スポンサード リンク>
 




加藤明の家族について!

まず、加藤明さんのご家族について調べてみました。

加藤さんには典子さんと言われる妻がおられたようです。

ペルーからの要請を受けてペルーに渡り、女子バレーを指導することになるのですが、妻はどうされたのでしょう?

加藤さんはよく、選手達にご飯をご馳走したということで、すき焼きをしたりもされています。

ということは、もしかしたら妻も一緒にペルーに行かれたのかも知れませんね。

もしくは時々、ペルーの加藤さんのところに行かれていたのかも知れません。

子供さんのことも調べましたが、情報を見つけ出すことはできませんでした。

しかし、ペルーでは自分の子供に「AKIRA」と名づける家が増えて行ったそうです。

それほどに、加藤さんはペルーで英雄になられたのですね。

<スポンサード リンク>
 




死因は?

チームの選手達やペルーの人々から慕われ、チームの実力はどんどん向上していき、加藤さんは会社を辞めてペルーに永住する決心をします。

しかしその矢先、加藤さんは病に倒れます。

病名はウイルス性急性肝炎でした。

加藤さんは無念の思いで監督を辞任し、それから10年以上にもわたる闘病生活が始まったのでした。

そして1982年3月20日、加藤さんは49歳という若さでこの世を旅立ちました。

死因はウイルス性急性肝炎の悪化により、体が衰弱したためでした。

その年、ペルーで初めて女子バレー世界選手権が開催されることになりました。

それも加藤さんの一途な努力によるものですね。

経歴もリサーチ!

加藤明さんは1933年1月3日、神奈川県小田原市に生まれました。

8歳の時、ローラースケートで遊んでいて腕を骨折し、その時リハビリとして始めたバレーボールに夢中になっていきます。

そして中学校からバレーボール一筋の人生を歩むことになります。

大学は慶応義塾大学法学部に進学し、卒業後は八幡製鉄に入社してバレーボールを続けます。

1960年には八幡製鉄の主将にもなりました。

その年には世界選手権にも出場します。

しかし、その後現役を引退します。

翌年、出身校である慶応義塾大学の監督に就任。

そして慶応義塾大学を、全日本大学選手権で優勝する程のチームにします。

1965年、ペルーの要請によりペルーの女子バレーボール監督に就任。

出場国中最下位だったペルーを1968年のメキシコオリンピックで4位入賞するチームへと成長させます。

加藤さんが亡くなった時、ペルーの新聞は、「ペルーは泣いている」との見出しで、加藤明さんの死去を報道しました。

葬儀には約5万人ものリマ市民が参列し、ベラウンデ大統領が弔辞をよせたのだそうです。

加藤さんが亡くなってから半年後に開催された女子バレー世界選手権で、ペルーはなんと日本に勝利し、銀メダルに輝きました。

リマには加藤さんの記念碑が建てられ、「アキラ・カトウ小・中学校」が設立されました。

加藤さんのお墓は歴代大統領と並んで建てられています。

そして命日には参拝者が「上を向いて歩こう」を歌うのだそうです。

これは、加藤さんが選手たちに歌って聞かせた歌です。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました