ヤヌザイ(ベルギー代表)の現在と評価について!彼女は?経歴も解説!

ソーシャル
この記事の所要時間: 621

ールドカップ、日本の決勝トーナメント進出が決まりましたね!

先日のポーランド戦は、私もテレビを観ていて非常に複雑な気持ちになったのですが、あの時一番きつかったのは選手と西野監督でしょうね。

どんなにきつくても、必死でボールを追いかける方がまだ疲れないでしょうね。

本当にお疲れ様でした。

さあ、次はベルギー戦です。

強敵ですけど、力の限り戦って欲しいですね。

ベルギーは前回のイングランド戦で、ヤヌザイ選手がゴールを決め、勝利しましたね。

ニュースは「ヤヌザイ弾」と報じています。

このヤヌザイ選手ってどんな選手なのでしょうか?

とても気になったので、今回はヤヌザイ選手の現在と評価、彼女そして経歴とプロフィールについて調べてみました。

<スポンサード リンク>
 




ヤヌザイの現在

それではまず、ヤヌザイ選手の現在について見ていきます。

ヤヌザイ選手は現在、レアル・ソシエダに所属しています。

ヤヌザイ選手は、2017年7月にマンチェスター・ユナイテッドFCからレアル・ソシエダに移りました。 契約期間は5年間です。

レアル・ソシエダはスペインのバスク州に本拠地を置くサッカークラブで、スペインの中でも選手の育成に力を入れているクラブだそうです。

レアル・ソシエダに移籍したヤヌザイ選手は、現在とても調子がいいようです。

公式戦14試合に出場し、2ゴールを記録しています。

今回、ワールドカップ第3戦でゴールを決めたヤヌザイ選手はウイイレ(ウイニングイレブン)2019でも人気が上がりそうです。

ヤヌザイ選手は現在の状況を次のように語っています。

今、スペインで僕の状況は良くなった。すべてのことが上手くいっているし、フットボールを楽しんでいる。ラ・リーガは僕のために作られたリーグのようだ。ここは本当に僕にピッタリのリーグだ。

引用元 http://www.goal.com/jp/




評価は?


次にヤヌザイ選手への評価について見ていきたいと思います。

ヤヌザイ選手は「神童」と呼ばれていた程に才能のある選手です。

16歳の時に参加したブリュッセルでの技術講習で、とても高い評価を受け、マンチェスター・ユナイテッドFCに引き抜かれます。

2013-14シーズンに大活躍し、クラブからもサポーターからも高い評価を受けたのですが、ルイ・ファン・ハール監督になってからは、あまり評価されなくなり、試合への出場も減りました。

ヤヌザイ選手は自分を正しく評価してくれないマンチェスター・ユナイテッドFCを出て、ドルトムントに移ります。

しかし、ここでも思ったように活躍することはできませんでした。

ヤヌザイ選手は、自分は正しく評価されていないと思っていたようですが、そういう態度のヤヌザイ選手に対して批判的な目を向ける人も多かったようです。

「ヤヌザイは自分を過大評価している。」とも言われました。

当時のドルトムントの監督であったトーマス・トゥヘル氏も「彼には成長するために必要な野心や態度が見られない。」と、ヤヌザイ選手に対して厳しい評価を下しました。



彼女は?

ヤヌザイ選手の彼女についても調べたのですが、今から4年前、彼が18歳の時、7歳年上のメリッサ・マッケンジーさんという女性とデートしたという情報がありました。

メリッサさんは彼とのデートをとても楽しみにして、おしゃれをしてきたのに、彼は日本で言うファミレスに彼女を連れて行き、彼女はプライドを傷つけられたのだそうです。

その上、駐車場代を払わせられたと暴露しています。

まあ、ヤヌザイ選手はまだ若かったから、大人の女性をどう扱ったらいいか分からなかったのでしょう。

彼女は、いくら自尊心が傷つけられたからと言って、こういうことを公に告げ口するってどうなんでしょう。

このことについては、ヤヌザイ選手がちょっと可愛そうに思えました。

それ以来、彼女についての情報は見つかりません。

今はワールドカップ、ベルギー代表として頑張っているところですから、そういう気持ちの余裕もないのではないでしょうか。

経歴とプロフィール

それでは、ヤヌザイ選手の経歴とプロフィールを見ていきましょう。

アドナン・ヤヌザイ(Adnan Januzaj)選手は 1995年2月5日に生まれました。

ヤヌザイ選手は、コソボ人である父親がユーゴスラビア人民軍による徴兵から逃れて移住したベルギーのブリュッセルで生まれました。

幼い頃からRWDMブリュッセルFCでプレーしていましたが、 2005年、10歳の時にRSCアンデルレヒトに移りました。

2011年、16歳で、世界を代表するプロサッカークラブであるマンチェスター・ユナイテッドFCに加入します。

2013-14シーズンではアジアで行われたプレシーズンツアーの試合に出場し、傑志(香港)戦でゴールを記録します。

セビージャ戦でもチームで唯一、ゴールを決めます。

2013年8月に公式戦にデビューし、10月には初めてスタメンで出場した試合で2ゴールを記録しました。

2014年10月にはマンチェスター・ユナイテッドFCと新たに5年間の契約を結びます。

ヤヌザイ選手はその活躍が認められて、BBCヤング・スポーツ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤーの候補にノミネートされました。

2014-15シーズンからの背番号はライアン・ギグス選手が着けていた「11」になりました。

これはヤヌザイ選手への期待の表れだったものと思われます。

しかし、監督がルイ・ファン・ハールに替わると、なかなか活躍の場が与えられず、ヤヌザイ選手は随分悔しい思いをしたようです。

2015年8月、ヤヌザイ選手は1年間のレンタル移籍でドルトムントに行きます。

しかしながらドルトムントでもヤヌザイ選手に光が当たることはありませんでした。

この時、香川真司選手とも出場機会を争っています。

それで再びマンチェスター・ユナイデッドFCに復帰しますが、2016-17年、サンダーランドAFCにレンタル移籍します。

サンダーランドAFCの監督は、2013年からマンチェスター・ユナイデッドFCを指揮していたデイヴィッド・モイーズ氏なので、彼がヤヌザイ選手を引っ張ったのでしょう。

ヤヌザイ選手は2017年7月12日にレアル・ソシエダに完全移籍し、そして今回のワールドカップのベルギー代表となりました。

ヤヌザイ選手のポジションはフォワード、ミッドフィールダー、背番号は8、利き足は左です。

日本との試合は7月3日(火)午前3時からです。

ヤヌザイ選手は出てくるのか興味ありますが、とにかく、日本、がんばって欲しいです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました