立崎芙由子(バイアスロン)の経歴とプロフィール!彼氏や結婚は?祖父も解説!

ソーシャル
この記事の所要時間: 428

よいよ平昌オリンピックが3日後に迫ってきました。

テレビで、平昌はとても寒いと言っていましたが、日本の選手達、体調を崩さないで頑張って欲しいですね。

さて皆さん、バイアスロンという競技をご存知ですか?

バイアスロンとは「二種競技」という意味で、冬季のバイアスロンはクロスカントリースキーと、ライフル射撃を組み合わせた競技です。

クロスカントリーをやった後で射撃をするなんて、余程の持続力と集中力がないとできないことでしょうね。

そんなバイアスロンの選手に立崎芙由子(たちざき ふゆこ)という選手がおられます。

立崎芙由子選手は、バンクーバー、ソチに続いて、何と3回目のオリンピック出場になります。

どんな方なのでしょうか?

今回はバイアスロンの立崎芙由子選手にフォーカスしたいと思います。

<スポンサード リンク>
 




立崎芙由子の経歴とプロフィール

立崎芙由子選手は、1989年1月13日に秋田県北秋田市に生まれました。現在29歳です。

旧姓は鈴木芙由子さんです。

小学4年生の時にクロスカントリースキーを始め、2004年、中学3年生の時に第41回全国中学校スキー大会女子3kmフリーで3位になりました。

高校は、秋田県の米内沢高等学校(現秋田北鷹高等学校)に進学し、3年間、スキー部でクロスカントリーをし、3年連続でインターハイに出場しました。

2007年に高校を卒業すると自衛隊に入隊し、10月からバイアスロンを始めます。

2008年3月には、宮様スキー大会国際競技会で早くも優勝。

その年と翌年の日本選手権では続けて優勝。

2009年、バイアスロン世界選手権に初出場します。

そして2010年、バンクーバーオリンピック日本代表に選ばれます。

オリンピック後の第46回バイアスロン日本選手権大会の女子7.5kmにおいても優勝。

その後も活躍が続き、2014年、ソチオリンピックにも出場することになりました。

2015年、同じバイアスロン選手の立崎幹人さんと結婚します。

結婚後も競技をがんばり、2018年1月18日、平昌オリンピックの代表選手に認定されました。

バンクーバー、ソチに続き、実に3度目のオリンピック出場になります。すごいですね!

1月26日にイタリアで行われた、バイアスロンの欧州選手権では3位に入りました。

国際バイアスロン連合主催の国際大会で、日本人が表彰台に立つのは初めてなのだそうです。

現在、陸上自衛隊冬季戦技教育隊所属の3等陸曹です。

<スポンサード リンク>
 




彼氏や結婚は?

立崎芙由子選手は2015年に結婚しています。

お相手は、同じ自衛隊所属でバイアスロン選手の立崎幹人さんです。

立崎幹人さんは早稲田大学卒業後に自衛隊に入隊しました。

自衛隊では、芙由子さんが4年先輩になります。

その後交際が始まるのですが、芙由子さんはその前からスキーの大会で活躍していた幹人さんのことを知っていたのだそうです。

幹人さんは大会で目立っていて、とてもモテていたとのこと。

夫の立崎幹人選手も、今回のオリンピックの代表選手になっています。

幹人選手はオリンピック初出場です。

夫婦で、オリンピックの舞台へ。すごいことですね。

祖父も解説!

立崎芙由子選手の祖父はマタギをしていました。

マタギというのは、山岳地帯で、伝統的な方法を用いて獲物を仕留める猟師のことです。

立崎芙由子選手のコーチも、「彼女は射撃のセンスがいい。」と言われたそうですが、芙由子選手自身も「祖父の血ではないか。」「言葉にできない感覚がある」と、あるインタビューで語っていました。

まとめ

今回はバイアスロンの日本代表、立崎芙由子選手についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

夫婦二人でオリンピックに臨むなんて、なかなかできないことですよね。

芙由子選手は3回目、夫の幹人選手は初めて。

芙由子選手は、「(幹人選手に)あきらめないでよかったと思って欲しい。だからプレッシャーは一切かけない。」と語っていました。

お互い心の中で「がんばれ」と声を掛け合いながら、自分の戦いに向かう。

何てすばらしいことでしょう。

昨日、インフルエンザのために現地入りを遅らせたというニュースが入ってきて、びっくりしました。

でも回復に向かっているそうです。

どうか、今までのがんばりが実を結びますように。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました