吉次園(熊本植木)のいちご狩りに行ってきました!料金や予約は?カフェのソフトクリームもチェック!

ソーシャル
遊ぶ
この記事の所要時間: 640

3日前の3月21日(水)、前から行きたいと思っていた熊本植木にある観光農園、吉次園のいちご狩りに、娘たちと行ってきました。

21日はあいにくの雨で、しかも冬に逆戻りしたかのような寒い日でした。

でも、ハウスの中は雨は降らないし、温かいでしょうから、いちご狩りに出かけることにしました。

今回は、吉次園でのいちご狩りの報告をします。

料金や予約、カフェのソフトクリームについてもお知らせしますね。

<スポンサード リンク>
 




吉次園のいちご狩りはこんな感じ!

10時開園なのですが、別に急ぐことはないだろうと思い、ゆっくり支度をして、9時20分頃に吉次園に電話をしてみました。

そうしたら、「最近寒くていちごが少ないので、今日は早く終わるかも知れません。もうたくさん並んでいらっしゃいます。」ということでした。

「わっ、大変!」と慌てて出発しました。

10時30分過ぎに無事到着。

駐車場の上に受付の建物がありました。

建物の前には傘をさした人たちがたくさん並んでいます。

やっと私たちの番になり、受付をすると、「10時55分から11時45分」と書かれた首から下げるネームプレートとヘタ入れのビニール袋をもらいました。

そして「Bと書いてある入り口から入って、2番から4番のところでお願いします。」と言われました。

ハウスの中に入ると、こんなプレートが下がっていました。

ここは「さがほのか」が植えてあるところです。

私達が指定されたハウスは全部さがほのかでしたので、今回は残念ながら食べ比べをすることはできませんでした。

一つのハウスに2,3種類が植えてあるところもありますから、運が良ければ2,3種類のいちごの食べ比べをすることもできます。

ハウスに入ってびっくりしたのは予想をはるかに超えたその広さでした。

今までいろいろな場所のいちご狩りに行ったことがありますが、こーんなに広いハウスは初めて。

それから今まで行ったところでは、入り口で練乳を売っているところがいくつかあったので、今回も練乳をつけながら食べるのを想像していたんですが、練乳がなくてがっかり。

でもいちごを一つ食べてみて納得。

「あまーい!美味しい!」これなら練乳なんて要りません。

これが今回食べた「さがほのか」。きれいな円錐形をしています。

中はこんな感じ。

吉次園は高設栽培ではないので、しゃがんで摘まなければいけませんでした。でも吉次園ではあえて土耕栽培にこだわっているのだそうです。

土耕栽培にすると、根がしっかり張って、天候に左右されない濃い味のいちごができるということ。なるほど、だからこんなにいちごの甘みと風味が凝縮しているんですね。

こんなのも見つけましたよ。先っちょからだんだんと赤くなっていくのがよく分かりますね。かわいい!

30分くらいいちご狩りを楽しんでいたら、お腹がいっぱいになったので外に出ました。とても50分間なんて食べられません。

ああ、美味しかった~。

<スポンサード リンク>
 




料金は?

吉次園でのいちご狩りの料金は月によって違います。

いちご狩りが始まった12月が一番高く、食べ放題コースは中学生以上が1800円、小学生以下が1400円です。

そこからひと月ごとに100円ずつ安くなり、3月現在は中学生以上1500円、小学生以下1100円となっています。

4月になると1400円と1000円、5月は1300円と900円です。

2歳以下の幼児については、小学生以上1名につき一人無料。2人目からは300円です。

これはどの月も変わりません。

吉次園では食べ放題コースの他に持ち帰りコースがあります。

自分で摘み取ったいちごを受付に持って行き、量り売りしてもらいます。

12月は100g当たり260円で、ひと月ごとに20円ずつ安くなります。

買ったいちごは休憩所でゆっくりと食べてもいいし、もちろん持ち帰ることもできます。

時間がない人やそんなにたくさん食べられない人におすすめです。

予約について

吉次園では団体客の予約はありますが、個人客の予約は受け付けていません。

先着順になります。

その日によって、いちごのなり具合に差があるので、前日の夕方4時以降か当日の朝、電話で状況を確認してくださいということです。

生育状況やお客さんの入り方によっては、食べ放題コースがお休みになったり、休園になったりすることもあるので、必ず電話で確かめてくださいね。

カフェのソフトクリームもチェック!

いちごでお腹いっぱいになったものの、カフェでのデザートは別腹です。

吉次園の直売所&カフェはいちご園から道を隔てた斜め向かい側にあります。

こちらが直売所&カフェです。

中に入ると、吉次園で獲れたフルーツを使ったジュースがこんなに並んでいました。

それでは、お楽しみのソフトクリーム。

ここのソフトクリームは、くまもとS1グランプリで2013年に金賞を受賞したそうです。

自家製のワッフルコーンにジャージー牛乳を使ったソフトクリームが入っています。そしてその季節のフレッシュフルーツがトッピングされています。

私達は、今回はいちごのソフトクリームをいただきました。

トッピングのいちごは希少品種の「紅あやね」でした。

う~ん、手作りワッフルコーンがほのかに甘く、中のソフトクリームとよくマッチします。いちごも、もちろんとっても美味しい。

ごめんなさい。本当はあとちょっと高さがあるんですけど、娘が一口なめちゃって、その後、慌てて撮影しました(汗)

値段は一つ430円でした。

吉次園のホームページにはソフトクリームのクーポン券があります。それを印刷して持っていくと50円引きになりますよ。

吉次園のクーポン情報 いちご狩り・ぶどう狩り・りんご狩り・梨狩り・柿狩り・みかん狩りは熊本にある観光農園の吉次園
熊本にある吉次園の自家製果汁入りソフトクリームが当たる!クーポンのご紹介。農園では季節によって、いちご狩り、ぶどう狩り、りんご狩り、梨狩り、柿狩り、みかん狩りができます!

こちらの看板にあったけずりいちごも、とっても美味しそうでしたが、寒かったので、また今度行った時にします。

最後は、留守番の夫にお土産のいちごを買いました。

こちらも「紅あやね」。

つやつやしていて、こちらもとっても美味しかったです。

まとめ

吉次園のいちご狩り、いかがでしたか?

とっても楽しめましたよ。

吉次園の方によると、今の状況なら5月始めまではいちご狩りが楽しめるそうです。

今回はあいにくの天気だったので、次は春らしいぽかぽか陽気の日に行きたいと思います。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました