ルカク(ベルギー代表)の経歴や年俸について!彼女や結婚は?父親と弟もチェック!

ソーシャル
この記事の所要時間: 532

いよいよ、ワールドカップ、日本・ベルギー戦が始まります。

強敵ベルギーを相手に、日本はどういう闘いを見せてくれるのでしょうか。

ベルギーの方は、3試合目は欠場していたルカク選手が復活します。

ルカク選手は190cm、93kgの強靱な体と破壊的なシュート力を持つ選手で、「ディディエ・ドログバ2世」と言われています。

また人種差別に対してきちんと抗議する姿勢が好感を呼んでいる選手です。

今回はこのルカク選手の経歴や年俸、彼女や結婚そして父親と弟についても調べてみました。

<スポンサード リンク>
 




ルカクの経歴とプロフィール

ロメル・メナマ・ルカク(Romelu Menama Lukaku)選手は 1993年5月13日、ベルギーのアントウェルペンに生まれました。

ルカク選手のルーツは中部アフリカのコンゴ民主共和国にあります。

ルカク選手は5歳の時に地元のルペル・ボームFCでサッカーを始めました。

9歳の頃、スカウトされてリールセSKで活躍するようになります。

2006年、リールセSKからRSCアンデルレヒトに移籍しました。

2009年にトップチームに昇格し、その年の5月にデビューします。

2009-2010シーズンでは、25試合で15ゴールを記録し、ベルギー国内のサッカーリーグであるジュピラーリーグの得点王になりました。

その時、ルカク選手は16歳10か月で、ジュピラーリーグ史上、最年少の得点王となったのだそうです。

ルカク選手はイングランドのチェルシーFCの大ファンだったそうですが、2011年に憧れの

チェルシーFCへ5年契約で移籍します。

翌年、プレミアリーグのブラックバーン・ローバーズ戦で初めてスタメンに起用されますが、その試合でMVPに輝きました。

2012年にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCにレンタル移籍します。

このシーズンは、35試合で17ゴールを記録し、ゴールランキングの6番目になりました。

チェルシーFCはルカク選手を手放したことを後悔したのでしょう、その後チェルシーFCに戻ります。

そして23歳以下を対象とするPFA年間最優秀若手選手賞にノミネートされました。

2013年、エヴァートンFCにレンタル移籍します。

2014年にはエヴァートンFC史上最高額をチェルシーに支払い、エヴァートンに完全移籍します。

2017年3月にはプレミアリーグ最優秀選手に選ばれました。

またプレミアリーグの年間ベスト11にも選ばれます。

2017年7月、ルカク選手はマンチェスター・ユナイテッドFCと5年契約を結びます。

その年の3月31日、ルカク選手はプレミア通算100ゴールを達成します。

この記録はベルギー人では初めてのことで、また24歳322日での記録達成は5番目の若さだそうです。

そして2018年、ワールドカップにおいて、初戦、2戦目ともに2ゴールを決め、ベルギーの決勝トーナメント進出に大きく貢献しました。

ワールドカップで2試合連続2ゴールを記録したのはマラドーナ以来だそうです。

すごいですね!

来シーズンも大きな活躍を見せてくれることでしょう。

<スポンサード リンク>
 




年俸について!

次にルカク選手の年俸について考えてみたいと思います。

知ったところで何の役にも立たない、余りに遠い世界のことですけどね(笑)

昨年、エヴァートンFCからマンチェスターユナイテッドFCに移った時の移籍金は、7,500万ポンドで、これはポール・ポグバの8950万ポンドに次ぐ金額でした。

7,500万ポンドってピンときませんが、日本円に直すと、な、なんと約110億円!!

う~ん、想像がつきません・・・。

ルカク選手はそれだけの価値のあるサッカー選手ということですね。

現在のルカク選手の週給は25万ポンド、日本円で約3589万円。

週に、です・・・。

これを年俸に換算すると約18.7億円

でも、最も高い年俸をもらっているサッカー選手はアレクシス・サンチェスで38億2000万円。

ルカク選手の年俸は5番目くらいだそうです。

彼女や結婚は?

ルカク選手の彼女や結婚についても調べましたが、ルカク選手には彼女がいるようです。

イギリスのデイリースター紙が、ルカク選手の彼女はサラ・メンズさんと言うオランダの女性であると報じました。

彼女の父親はテレビ司会者のハリー・メンズさんと言われる方で、かなりの資産家だそうです。

結婚についてはまだ何も情報はありませんが、もし、このお二人が結婚されることにでもなったら、ものすごく大きなニュースになることでしょうね。

父親と弟もチェック!

最後にルカク選手の父親と弟についても見ていきたいと思います。

ルカク選手の父親はロジェ・ルカクさんと言われます。

父親のロジェ・ルカクさんはコンゴ民主共和国のサッカー選手でした。

父親は16歳でプロサッカー選手になったのだそうです。

また弟のジョルダン・ルカク選手は有名なベルギー代表のサッカー選手です。

弟の誕生日は1994年7月25日なので、年子の兄弟なのですね。

弟、ジョルダン・ルカク選手はSSラツィオに所属していてポジションはDFです。

2016年に一緒に出ていた試合で、弟が放ったクロスを兄のロメル・ルカク選手が受け止めてゴールを決めたことがあるそうです。

ちなみに、いとこのボリ・ボリンゴリ=ムボンボさんもサッカー選手です。

まとめ

今回は、ルカク選手についてお伝えしました。

さあ、いよいよ始まります。

ルカク選手はどのような活躍を見せるでしょうか。

そして、日本はどう立ち向かうのか、目が離せませんね。

<スポンサード リンク>
 




コメント

タイトルとURLをコピーしました