小林右京くん(卓球)の父母について!祖父と兄弟は?小学校も調査!

ソーシャル
この記事の所要時間: 332

さん、こんにちは。

今、日本の卓球界は、男女ともにものすごい勢いで活躍を見せてくれていますよね。

東京オリンピックが本当に楽しみです。

そんな卓球界では次の世代を担うすごい選手達が育っています。

小学1年生の小林右京くんもその一人です。

小林右京くんは今年のナショナルチーム(U-8日本代表)の選手に選ばれました。

小林右京くんは7歳ながら、「横入れゼロバウンド」というスゴ技を決めることができ、相手は絶対に返球することができないのだそうです。

すごすぎますね!

今回はそんな小林右京くんの父母や祖父、また兄弟や小学校に迫ってみました。

<スポンサード リンク>
 




小林右京くんの父母について!

それではまず、小林右京くんの父母について見ていきたいと思います。

小林右京くんの父親は小林哲平さんと言われます。

父親の哲平さんも卓球選手として活躍されていましたが、怪我のために選手の道を諦め、その後は子ども達の指導に情熱を傾けて来られました。

現在は愛知県豊橋市のファンタジスタ卓球場の代表兼コーチをされています。

そして何と、ナショナルチームの男子ホープスナショナルチーム(HNT)8歳以下のコーチをされているんです。

すごい実力をお持ちの方なんですね。

小林右京くんの母親は小林佳子さんと言われ、母親も卓球場のコーチをされています。

そして母親の佳子さんは旧姓、村瀬佳子さんと言われ、松下電工彦根のキャプテンをされていた方で、国際大会出場の経験もおありです。

すごいですね!

こんな父母の下で育った小林右京くんですから、将来日本卓球界を背負って立つ人になるんでしょうね。

でも小林右京くんの父母は、卓球ばかりさせるのではなく、遊びを通していろいろな感覚が身につくように、大きな視野で育てていらっしゃるようです。



祖父と兄弟は?

小林右京くんの祖父と兄弟についても見ていきたいと思います。

父方の祖父は卓球の指導者で、父親の哲平さんはその影響で、小学5,6年頃から卓球を始めたのだそうです。

母方の祖父も卓球の指導者です。

母方の祖父は村瀬勇吉さんと言われ、現役時代は全日本愛知県代表に選ばれるほどの実力者で、特にサーブの名手として知られています。

現役引退後は多くの優れた選手を養成してこられ、ナショナルチームの合宿にもサーブの講師として招聘されました。

著書も出版しておられます。


現在はご自身が設立されたピンテック卓球教室で指導を続けておられます。

祖父が二人とも卓球の指導者だなんて驚きですね。

小林右京くんの兄弟についても調べてみましたが、残念ながら兄弟についての情報は見つけることができませんでした。

もし、何か分かりましたら、こちらに追記させていただきます。



小学校も調査!

小林右京くんの通う小学校についても調べてみました。

小林右京くんは愛知県豊橋市の小学1年生ですが、どこの小学校かは分かりませんでした。

右京くんの父親がされているファンタジスタ卓球場は豊橋市の野依町にあります。

野依町にある小学校は豊橋市立野依小学校一校だけですが、ご自宅がどちらかは分かりませんので、豊橋市内の小学校ということしか分かりませんでした。

小林右京くんは、今はまだ小学1年生ですので、のびのびと学校生活を送り、そして卓球もがんばって欲しいですね。

これからの活躍に期待しています!



コメント