瀬戸健(ライザップ社長)の経歴とプロフィール!実家のパン屋はどこ?出身大学と高校も調査!

ソーシャル
この記事の所要時間: 528

皆さん、こんにちは。

今回は驚異的な成長を遂げ続けているライザップ(RIZAP)の社長、瀬戸健(せと たけし)さんについてお伝えしたいと思います。

ライザップと言うと、「結果にコミットする!」のことばと変化を遂げた有名人達のCMで有名ですよね。

ライザップは現在9万人以上の会員を持ち、様々な商品とのコラボも進めています。

そんなライザップの社長さんって、一体どんな方なのでしょう?

<スポンサード リンク>
 




 瀬戸健(ライザップ社長)の経歴とプロフィール

それではまず、瀬戸健さんの経歴とプロフィールを見てみたいと思いますが、瀬戸さんは、なかなかユニークな経歴をお持ちの方です。

瀬戸健さんは1978年5月1日、福岡県北九州市八幡西区に生まれます。

現在40歳です。

お若いんですねえ。

あのライザップの社長さんだから、50代か60代くらいではと思っていましたが。

瀬戸健さんは小さい頃から「できない」とか「だらしない」などと言われてきたのだそうです。

大きくなってから、飲食店でバイトをしても、ミスを連発し、その上遅刻ばかりでクビになることが多かったのだそう。

信じられませんね。

てっきり、子どもの頃から優秀で、リーダー的存在の人だろうと思っていました。

高校卒業後は進学も就職もせず、日雇いなどをしていましたが、彼女に振られ、それで闘争心に火がつき、大学進学のために4ヶ月間必死に受験勉強をして明治大学に合格します。

もともと頭がいい人だったのでしょうね。

大学生の時にパソコン教材販売代行を始めます。

その後、24歳の時、せっかく入った大学を中退して、健康コーポレーション株式会社を立ち上げます。

そしてそこで販売した豆乳クッキーが大当たりして、4年後の売り上げが約100億円に達したというから驚きですね。

しかしその後、売り上げは急降下し、会社は人員削減をしなければならず、批判を浴びます。

次に安い美顔器を販売しますが、これがまた大ヒットします。

2011年、たばこをやめたことで急に太りますが、専属トーレーナーの指導を受けてダイエットに成功します。

このことがライザップ(RIZAP)誕生のきっかけになります。

それからどんどん事業を拡大していくのですが、瀬戸健さんは「自分は足りていない」という思いがあったので、会社にご自分より若い社員を入れなかったのだそうです。

全員、社長の自分より年上だなんて、すごくやりにくいだろうなと思いますが、瀬戸健さんはものが言いやすい会社を作り、そのことが今のライザップグループの成功の秘訣なのだそうです。

なんて謙遜な方でしょうね。

こういう柔軟な頭の方だから、事業を大成功させることができたのですね。

<スポンサード リンク>
 




実家のパン屋はどこ?

瀬戸健さんのご実家はパン屋さんだそうです。

お店は北九州市八幡西区にあり、小学校や高校にも近く、子ども達が集まって来ていたのだそうです。

ご両親は健康への意識が強い方達で、ケチャップやマヨネーズ、それに洗剤まで自家製だったそうです。

調べてみたら、「健康ベーカリー(株)シャノン」というお店がありました。

瀬戸健さんのご実家のパン屋さんは、たぶんここだろうと思います。

大学を中退して、健康コーポレーション株式会社を始めた時の、豆乳クッキーはご実家のパン屋さんで焼いてもらっていたそうです。

出身大学と高校も調査!

瀬戸健さんの出身大学と高校も調査してみました。

瀬戸健さんの出身大学は明治大学で、そこの商学部に学ばれました。

しかし、せっかく入った大学を中退して起業します。

出身高校は福岡県立北筑高校です。

瀬戸健さんの入学した当時は、サッカーの強豪校として知られていた高校です。

校則や運動会の練習など非常に厳しく、「軍隊高校」と言われていたそうです。

瀬戸健さんはそんなに厳しい高校の中でも、自由気ままに生活されていたようで、平気で他のクラスで授業を受けるなど、高校にしてみればちょっと迷惑な生徒だったみたいです。

成績も400人中399番だったとか。

そんな瀬戸さんが高3の時、他の高校の女の子から告白されます。

その子が体重70キロのふくよかな子だったのだそうです。

瀬戸さんはその彼女に、ダイエットのアドバイスを続けました。

そうしたらなんと、彼女は体重は40キロになり、かわいいと評判の女の子に変身したそうです。

まるでライザップのトレーナーのようですね。

このことが、人は変われるということを実感するきっかけになりました。

まとめ

今回はライザップの社長、瀬戸健さんにフォーカスしてみました。

いかがでしたか?

瀬戸健さんの生き方って、世の中の物差しにとらわれず、柔軟ですばらしいですね。

瀬戸さんは、あるインタビューでこのように語っておられます。

僕はもともと落ちこぼれだったので、「『人は変われる。』を証明する」ということが、人生のゴールと考えています。その意味では、お客様や社員の自己実現そのものが、ゴールといっていいのかもしれません。

「結果にコミットする」ということは、お客様が本当に求めている品質や技術を提供し、それを伝えていくことも大事なのです。

伝えた相手が行動に移したかどうか。ライザップでは、お客様の行動が変わって結果を出していただくことによって、伝わったこととらえているのです。

引用元

301 Moved Permanently

すばらしいですね。

<スポンサード リンク>
 




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました