きのこパワーで元気な毎日を!きのこの栄養と超簡単きのこたっぷりドライカレーの作り方

ソーシャル
食べる
この記事の所要時間: 541

「今日はきのこたっぷりのドライカレーにしようかな。」そう思っていたら、NHKあさイチできのこ特集があっていました。

やっぱりきのこは今注目されている食材なんですね。

「きのこはノンカロリー」と聞いていましたが、それは間違いのようです。生のしいたけで100gあたり20kcalくらいはあるそうです。でも、ご飯(白米)のカロリーは100gで160kcal 程ですから、全く問題になりません。

そんなきのこですが、嬉しい栄養が詰まっています。

今回はきのこの栄養ときのこを使った超簡単レシピをご紹介します。

<スポンサード リンク>
 




きのこにはどんな栄養があるの?

きのこには食物繊維ビタミンB群ビタミンD、ナトリウムやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

それからキノコキトサンというきのこから抽出した成分があります。これは脂肪の吸収を抑え、燃焼を助けるという嬉しい働きがあります。

それでは、おなじみの4種類のきのこについて、それぞれの栄養の特徴を見ていきましょう。

しいたけ

しいたけにはエリタデニンやフィトステリンという成分が含まれています。これらの栄養素は血液中にコレステロールが貯まるのを防ぎ、血圧の上昇を抑える働きがあります。

またしいたけに含まれるエルゴステロールは日光に当たるとビタミンDに変わるという性質があります。ビタミンDは骨や歯を丈夫にし、また脳神経の発育にも必要で、イライラを鎮めてくれます。

干ししいたけは生よりはるかにたくさんのビタミンDを含んでいますので、育ち盛りのお子さんにはとても嬉しい食材ですね。

それからレンチナンという成分は免疫力を高め、抗がん剤としても使われているそうです。

まいたけ

まいたけにはビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2は「美容ビタミン」とも言われ、お肌のターンオーバーを正常にし、肌荒れやニキビを予防してくれる、女性に嬉しい栄養素なのです。

またトレハロースという成分もお肌の潤いを保つ働きをしてくれます。

最近、「朝まいたけダイエット」という言葉が流行っていますが、まいたけには便秘やむくみ改善が期待される植物繊維カリウムも豊富に含まれています。

その他にMXフラクションという、まいたけにしか存在しない成分が含まれていて、血糖値の急上昇を抑え、コレステロール値を下げる働きがあります。

それからMDフラクションという成分も含まれています。これには免疫力を強化する働きがあるのだそうです。

エリンギ

エリンギは植物繊維やビタミン類の含有量がきのこの中でもトップクラスです。特にカリウムの含有量は1位です。

 

カリウムは体内の余分な塩分を外に出して、血圧の上昇を抑える働きがあります。老廃物の排泄を促すので、便秘やむくみ解消にも効果があります。

えのきだけ

えのきだけにはGABA(ギャバ)という成分が含まれています。ギャバは神経の興奮を抑え、リラックス効果を高める成分です。またストレスへの抵抗力を高めるパントテン酸という成分も含まれます。

疲労回復に効果を表すビタミンB1も、他のきのこに比べてとてもたくさん含まれているので、疲れが溜まったり、心配事でゆっくりできない時はえのきだけを食べるとよさそうですね。

それからナイアシンという成分も豊富に含まれ、冷え性や血行不良の改善が期待されます。

<スポンサード リンク>




きのこを調理するときのポイント

きのこを調理する時には以下のことに気をつけましょう。

水で洗わない!

水で洗うと有効成分が損なわれたり、劣化が早くなったりします。汚れが気になる時はぬれタオルでさっと拭きましょう。

加熱しすぎない!

熱を通しすぎると、栄養が失われやすく、また香りや歯ごたえが失われます。

油は少なめに

きのこは油を吸収しやすいので、脂質を摂りすぎないように注意しましょう。

超簡単!きのこたっぷりドライカレーの作り方

それでは、私が作った「きのこたっぷりドライカレー」の作り方を紹介します。

材料(4人分)

牛挽肉(合い挽きでも) 300g

玉ねぎ         大1個

トマト         大1個

ナス          1本

きのこ3~4種       各1袋(今回はしいたけ、まいたけ、エリンギ)

卵           2個

ほうれん草       1/2袋

レタス         大きい葉4枚

カレーフレーク     1/2カップ

油(今回はこめ油)   大さじ1

白ワイン        大さじ1

塩胡椒         少量

しょうゆ        少量

作り方

1 隣のコンロでゆで卵を作り始めます。

2 玉ねぎはみじん切りに、他の野菜ときのこは細かく刻みます。

3 フライパンに油を熱し、まずほうれん草を炒め、皿に出しておきます。

4 フライパンに油を熱し、玉ねぎをあめ色になるまで炒めます。

5 ナスを入れて、さらに炒めます。

6 挽肉を入れ、塩胡椒し、色が変わるまで炒めます。

7 トマトの半分ときのこを加え、しんなりするまで炒めます。

8 カレーフレークを入れ、よく混ぜながら炒めます。

9 味をみて塩胡椒を加え、最後に醤油をひとかけします。

10 皿にレタスを敷き、ご飯とドライカレー、ゆで卵、ほうれん草、残りのトマトを装って完成。

きのこパワーで元気な毎日を!

今回はカレー粉ではなく、フレーク状のカレールウを使ったので、自分で味を工夫せずに、おいしいドライカレーがすぐにできました。

ゆで卵を作っている間に完成しましたよ。

皆さんも、毎日気軽にきのこを使って、きのこパワーをたくさんもらいましょう。

<スポンサード リンク>
 




コメント