岸辺のアルバムのあらすじについて!結末のネタバレは?キャストも紹介!

ソーシャル
未分類
この記事の所要時間: 623

昨日、八千草薫さんのご訃報を耳にしました。

美しくて、ちょっと子供っぽく、そして上品な八千草薫さん。

88歳だったのですね。

八千草薫さんというと、私はまず「岸辺のアルバム」が思い出されます。

1977年に放送され、大きな話題になったテレビドラマです。

私は大学1年生だったのですが、多摩川河川をバックに流れるジャニス・イアンの「ウィル・ユー・ダンス」が素敵すぎて、ほとんどオープニングのために毎週欠かさず見ていました。

今回は、そんな「岸辺のアルバム」のあらすじと結末のネタバレ、そしてキャストを紹介していきます。

<スポンサード リンク>
 




「岸辺のアルバム」のあらすじについて

まず「岸辺のアルバム」のあらすじについて見ていきます。

「岸辺のアルバム」は東京郊外の多摩川沿いに住む中流家庭の物語です。

主人公は八千草薫さん演じる、その家庭の妻、田島則子。

会社員の夫と専業主婦の妻、2人の子供、そしてマイホーム。

1970年代の典型的な、一見「幸せ」な家族。

しかし、「岸辺のアルバム」という平和そうな題名とジャニス・イアンの「ウィル・ユー・ダンス」の洒落た音楽とはかけ離れたあらすじでした。

一見幸せそうな家族はそれぞれに問題を抱えていました。

美しくて優しく、良妻賢母の典型のような則子は、ある日、かかってきた電話がきっかけで、やがて、ある男性と会うようになり、遂には不倫をします。

息子の繁は大学受験を控えた真面目な高校生。

この繁は、母親がホテルに入るのを目撃してしまいます。

私はその場面が心に残っていて、「うわあ~」と心の中で叫んだのを覚えています。

父親、謙作は一流大学出の商社マンですが、実は倒産寸前の状態です。

姉の律子は弟の繁よりも勉強ができる大学生。

やがて、アメリカ人の男性と交際するようになります。

繁は両親や姉の異変に気づき、一人、思い悩むことになります。

そんなふうに、家族の心はばらばらになっているのですが、久しぶりに4人全員がいる日曜日、一家は川岸に並んで家族写真を撮影します。



「岸辺のアルバム」の結末とネタバレ

結末

では「岸辺のアルバム」の結末について見ていきましょう。

「岸辺のアルバム」の最終回では、多摩川が増水し、付近一帯に避難命令が出されました。

繁が多摩川が決壊しそうだと自宅にいる両親に知らせに来ます。
一端避難した謙作と則子は、貴重品を取りに家に戻ります。
謙作は苦労して建てたマイホームに執着心が湧き、家から出ようとしません。
謙作と則子は大口論になります。
則子は今まで一度も口にしなかった本音を夫にぶつけました。
仕事、仕事と言いながら子育てを放棄して仕事に逃げてきたこと、思うようにいかないと子供を怒鳴り散らしてきたが、子供達は犯罪を犯してはいない、会社が倒産したことも人のせいにしている、いつもそうだと。
堤防が決壊し、二人は家を出ますが、消防隊員から「5分間だけ」という許可をもらってアルバムを取りに家に戻ります。
そして、家族4人は自分たちの家が流されるところを見届けます。
流されていく家に向かって、4人は「さようなら」「さようなら」と
避難所での4人の生活が始まり、翌日は4人で多摩川下流に流れ着いた家の残骸を見に行きます。
そこで4人はマイホームの屋根を発見します。
父親の謙作は、退職して違う道を探すと言い、繁はさっぱりしたと言います。
その夜、4人はレストランで中華料理のご馳走を食べます。
最後に、「この後一家がどうなったかについては視聴者のご想像にお任せします。」というキャプションが流れました。

結末のネタバレ

「岸辺のアルバム」の原作、脚本を手掛けた山田太一さんは、これが放送された3年前の1974年に起きた多摩川水害のことが心にあり、そこから構想を得ました。
この時の多摩川水害では19棟の家屋が崩壊し、流されました。
最終回の、水害で家が流されるシーンでは、実際の報道映像が使用されています。
ドラマのシーンとして、実際の実写映像が流れるというのは大変な衝撃でした。
山田太一さんにしても、とても勇気のいることだったのではないでしょうか。
またその後の復旧の映像も出てきます。
山田太一さんが被災者に聞かれた話では、家族のアルバムを失ったのが一番悲しいと言われていたそうです。
本当にそうですよね。
他のものお金があれば買えるかも知れないけど、アルバムはお金では買えません。
家族の歴史が詰まっているものです。
3年前の熊本地震の後、被害が大きかった西原村を通った時、傾いた家の前にしゃがんでアルバムを見ているおばあちゃんの姿が目に入り、忘れられません。
崩壊しかけていたこの家族は、家族の歴史が詰まったアルバムを取りに戻ります。
それはただの写真だけではなく、家族の歴史、尊い思い出を取り戻したかったのでしょうね。
「マイホーム」は建物ではなく、家族一人ひとりの心の繋がりなのかも知れません。
山田太一さんは、同名の本も出されました。

岸辺のアルバムのキャスト

それでは最後に、「岸辺のアルバム」のキャストについて紹介します。

まず、妻であり2人の子供達の母親を演じるのは八千草薫さん

あの、優しく穏やかで、いつも上品な役をなさっていた八千草薫さんが不倫する役だなんて、とてもショックでした。

ご本人も最初に、この役についてのお話を聞いた時はどうしようと思ったと言われていました。

でもそのままの美しさで、夫に従い、家族のために生きている、その八千草薫さん演じる妻が不倫に走るということで、視聴者には大変大きなインパクトを与えたと思います。

その不倫相手、北川徹を演じたのが竹脇無我さん

うわあ、あの、やはり品のある竹脇無我さん。

すごいキャスティングですね!

夫、田島謙作役は杉浦直樹さん

商社マンという感じですね。

娘、田島律子役に中田喜子さん

頭がよくて快活な現代女性を演じました。

息子、田島繁役は国広富之さんでした。

家族のことで悩み苦しむ高校3年生です。

繁の高校の教師、堀先生役には昨年お亡くなりになった津川雅彦さん

頼りがいのある先生役を好演されていました。

その他に、風吹ジュンさん新井康弘さん沢田雅美さん村野武範さんなど、豪華キャストの面々が出演されていました。

まとめ

 今回は、1977年に放送されたテレビドラマ「岸辺のアルバム」のあらすじと結末のネタバレ、そしてキャストについてお伝えしました。
テレビから、いつも見ている者に笑顔を届けてくださった八千草薫さんのご冥福をお祈りいたします。
また今回の台風19号で大きな被害を受けられた多摩川周辺の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました