即位礼正殿の儀とは何かを簡単に解説!なぜ10月22日?招待客もチェック!

ソーシャル
社会のこと
この記事の所要時間: 811

皆さん、こんにちは。

2019年10月22日は何の日かご存じでしょうか?

そう、即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)が行われる日です。

それで、今年に限って「国民の祝日」となります。

今回は即位礼正殿の儀とは何か、なぜ10月22日に行われるのか?また即位礼正殿の儀における招待客、そしてパレードの日程についてもまとめてみました。

<スポンサード リンク>
 




即位礼正殿の儀とは何かを簡単に解説!

Tsushimahikariさんによる写真ACからの写真

今年は、新天皇陛下が御即位され、元号が令和に変わりましたね。

それに伴って、様々な行事が計画されています。

その中で、「天皇の即位の日」の5月1日と、「即位礼正殿の儀の行われる日」の10月22日が、今年に限り「国民の祝日」となります。

即位礼正殿の儀とは何か、政府広報オンラインには、このように説明してあります。

御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。今年10月22日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。

引用元 https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201903/1.html

即ち、「新しい天皇になりましたよ。」ということを日本の国内、国外に正式にお知らせする儀式です。

即位礼正殿の儀は、他の国の戴冠式や即位式にあたるもので、皇居宮殿・正殿松の間で行われます。

1947(昭和22)年に制定された「皇室典範」の中に「皇位の継承があったときは、即位の礼を行う。」と定められているので、それに従って行われるものです。

即位に関しては、即位礼正殿の儀を含め、以下のような行事が行われます。

退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)

天皇陛下の御退位を国民にお知らせする儀式です。

天皇陛下が退位された4月30日に、宮中において行われました。

剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)

皇太子殿下の御即位にあたって、皇位を承継される儀式です。

皇位とともに、代々伝わる剣璽や国事行為に使用される国璽(こくじ)なども継承されます。

皇太子殿下が即位された5月1日に行われました。

即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)

剣璽等承継の儀で皇位継承をされた後、天皇として初めて国民の代表に会われる儀式です。

剣璽等承継の儀と同じ、5月1日に行われました。

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)

前述しましたように、御即位を公に宣明される儀式です。

10月22日(火)、宮中において行われます。

祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)

即位礼正殿の儀が終わった後に、広く国民に即位を知らせるために行われるパレードのことです。

今回のパレードについては、また後で述べます。

饗宴の儀(きょうえんのぎ)

御即位を披露されるための饗宴です。

10月22日(火)、25日(金)、29日(火)、31日(木)の計4回、計画されています。



即位礼正殿の儀はなぜ10月22日?

n*****************mさんによる写真ACからの写真 

即位礼正殿の儀が10月22日(火)に行われることは、昨年の4月30日に閣議で決定しています。

では、なぜ10月22日なのでしょう?

また、最近、国民の祝日は3連休になるように設定されているのに、即位礼正殿の儀だけは火曜日と普通の日。

なぜ、今度だけ、平日に挟まれてぽつんと一日だけのお休みになるのでしょうか?

私の周りからもこんな疑問の声が聞こえてきましたので、今回の即位礼正殿の儀はなぜ10月22日なのかについて調べてみました。

しかし、なぜ10月22日に決まったのかについては、閣議の議事録にも記載がなく、確固たる理由を見つけることはできませんでした。

それで、私なりにいろいろと調べてみた結果、なぜ10月22日なのか、予想される理由をあげてみたいと思います。

なぜ10月22日なのか?

10月22日は平安京遷都の日です。

延暦13(794)年、日本の首都が平安京に移され、平安時代から明治の初めまで歴代の天皇の皇居がおかれました。

そう言えば「鳴くよ(794)うぐいす、平安京」と中学時代に覚えたものです。

毎年10月22日は、京都で時代祭が行われる日です。
もし、日程についての協議の中で、即位礼正殿の儀は10月あたりが相当ということになったら、「それでは平安京遷都の日である10月22日がいいのでは。」ということになったと考えられますね。

なぜ10月なのか?

10月なら、上述のように22日が即位礼正殿の儀を行うのにふさわしい日だと考えられますが、ではなぜ10月に決まったのでしょうか?
即位されたのは5月1日ですからもうすぐ半年経とうとしているのに・・・。
5月1日に天皇陛下が即位されてから、天皇家や宮内庁では、これからの準備など、いろいろと大変なことが続いたことでしょう。
とすると、同じ月に各国の要人を招待する即位礼正殿の儀を行うのは無理かも知れませんね。
翌、6月も警備や交通規制などいろいろな準備をするのに時間が足りないかも知れません。
それに日本は6月は梅雨になりますので、天候も心配されますね。
では7月、8月は?
7月の後半から学校は夏休み、8月は盆休みで、大きな旅行を計画している人達もたくさんです。
そんな時期に大がかりな交通規制をしたり、外国から要人を招いたりするのは心配です。
それにこの猛暑ですから、パレードを見ようと沿道に押しかけた人が熱中症で倒れる危険性が大きいです。
では9月は?
9月は祝日が2つあり、そのために3連休が2回続きます。
運動会を行う学校や幼稚園も多いでしょうから、ここにもう一つお休みが増えると、練習などにも差し支えるかもですね。
それに台風が心配です・・・。
ということで、即位礼正殿の儀は10月に落ち着いたのかも知れませんね。
それ以上に天皇家の方々の都合や健康面などは勿論考慮されていると思います。
また11月には14、15日で大嘗祭(だいじょうさい)が行われることになっています。
これは即位の年だけ行われる五穀豊穣を願う儀式で、例年の「新嘗祭(にいなめさい)」と同じようなものです。
それでその前の月に即位礼正殿の儀が行われることになったのではないでしょうか?

なぜ3連休ではないのか?

 今回だけ、なぜ3連休にしなかったのかも興味ありますよね。
これは多分、5月1日はゴールデンウィークの中の一日なので、会社員も学生も休みが増えて喜ぶ人が多いことでしょう。
商業施設や旅行会社にしても、こちらの方がお客さんを集めやすいですよね。
もちろん、いろいろと支障も出てくるでしょうが。
これに比べて10月の即位礼正殿の儀を月曜日にして、3連休を増やすと学校行事や会社の仕事の計画上、いろいろと支障が出てくると思われます。
行事や予定は前年度にだいたい決まっているからですね。
ですから即位礼正殿の儀で、3連休になることは避けたのではないでしょうか?




即位礼正殿の儀の招待客もチェック!

hiroshi mackによるPixabayからの画像

即位礼正殿の儀の招待客についても調べましたが、すごい!

これは大変なことだとよく分かりました。

日本は190を超える国や国際機関などを招待しており、うち174ヵ国、約400人の要人達が招待を受けたのだそうです。

えっー、そ、そんなにたくさんの人達が・・・。

招待客にはイギリスのチャールズ皇太子フィリピンのドゥテルテ大統領などがおられます。

アメリカからは最初の予定のペンス副大統領に代わり、チャオ運輸長官が参列するそうです。

韓国はどうなのかなと思いましたが、李首相が来られ、文在寅大統領からの親書が安倍首相に手渡されるのではないかということです。

また国内からは国会議員や知事、1596人が参列予定です。

新しい元号「令和」の考案者である中西進さん王貞治さんも招待されているそうです。

王さんは前回の平成天皇の即位礼正殿の儀にも招待をされていて、何と2回続いての招待客です。

他には、将棋の羽生善治九段や女子サッカー界のレジェンド、澤穂希さんなども招待されています。

パレードは11月10日に延期

nanairo125さんによる写真ACからの写真 

皆さん、ニュースなどでよくご存じかと思いますが、10月22日(火)に予定されていたパレード、祝賀御列の儀は11月10日(日)に延期されました。

今回の台風19号のもたらした被害は大きすぎるので、この対応は当然だろうと思います。

11月10日(日)のパレードは午後3時に皇居・宮殿を出発し、約30分かけて赤坂御所に到着予定です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました