大黒摩季が益城で熊本地震復興ライブ!木山中学校も出演!

ソーシャル
くらし
この記事の所要時間: 411

んにちは。

私の住む熊本でも桜が満開の季節を迎えました。

熊本地震から3年が経とうとしています。

何事もなかったように見事に咲き誇る桜ですが、一番被害が多かった益城町では今でも石垣が壊れたままになっていたり、道が崩れたりしているところを見かけます。

それを見ると、あの時のことを思い出し、心が痛みます。

さて、今日、4月4日は熊本県益城町で熊本地震からの復興ライブがあります。

何と、あの大黒摩季さんが生出演なんですよ!

復興ライブの名称は「盛り上がろう益城! Dream Festa 2019」です。

益城ドリームフェスタ2019の開催日時と場所について!入場料は?ゲストもチェック!
熊本地震から3年を迎えるこの春、更なる復興に向けて様々なイベントが計画されています。最も大きな被害を受けた益城町では、盛り上がろう益城! ドリームフェスタ2019が開催されます。今回は、この益城ドリームフェスタ2019についてお伝えします。

場所は益城町立中央小学校の体育館。

3年前の熊本地震の時は避難所になっていたところです。

益城の文化会館は、今修復中なので使えません・・・。

避難所になっていた小学校の体育館で復興ライブ。

しかも大黒摩季さん。

益城の方達はとても嬉しいでしょうね。

開演時間は17時30分。

しかし、残念ながら整理券を申し込んで抽選に当たった人しか入ることができないんです(泣)

今はリハーサルがあっているようですね。

ライブには行けないけど、とても気になります。

それで今回は、大黒摩季さんが復興ライブに来てくれた理由やコラボする木山中学校の吹奏楽部のことなど、お伝えしたいと思います。

<スポンサード リンク>
 




大黒摩季と復興ライブについて

大黒摩季さんは優しくて行動力のある方です。

大黒摩季さんは病気治療に専念するため、2010年10月からライブ活動などを休んでおられたのですが、翌年3月、東日本大震災が発生すると日本赤十字の復興ボランティアに参加されました。

福島県の須賀川市立第一小学校の子ども達や先生達と一緒に応援ソングの作詞もされました。

「希望のうた~カワセミのように~」という歌です。

そして、何度も東北に足を運び、復興ライブを開催されました。

2016年、アーティスト活動を再開しようとされていた頃に、今度は熊本地震が起こります。

大黒さんはそれ以来何度も熊本を訪れ、被災者を励ましてくださったのです。

支援活動と並行して、2016年8月からアーティスト活動を再開され、10月には8年ぶりにニューアルバム「MUSIC MUSCLE」を発売されました。

MUSIC MUSCLE (STANDARD盤) [ 大黒摩季 ]

大黒摩季さんのすごいところは全国ツアーをしながら、復興のために地方でも歌ってくださるところです。

それに、熊本地震が起きたからって東北のことを忘れていない。

驚くことに、今回は3月30日の福島公演をやり遂げた直後の熊本です。

昨日は熊本の地元のテレビ局に出演してくださいました。



木山中学校吹奏楽部について

今日の復興ライブには木山中学校と益城中学校の吹奏楽部も出演します。

大黒摩季さんやバンドメンバーとのコラボもあるそうです。

益城中学校も木山中学校も熊本地震で甚大な被害を受けましたが、それでも吹奏楽部の部員達と先生方はふるさとの復興のために、たくさんの復興支援ライブで演奏してきました。

夏に行われる吹奏楽コンクールにも出場してきました。

特に木山中学校は、部員不足に苦労しながらも練習と地元を励ます演奏を頑張り、翌年の吹奏楽コンクールではBパート(小編成)において、みごと金賞を受賞しました。

吹奏楽の演奏に励まされ、力をもらった人々が増えたからでしょうか、現在は部員も多くなり、昨年のコンクールは、Aパート(大編成)に出場することができました。

今日はどんな曲を演奏してくれるんでしょうね。

また木山中学校は、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震で被災した中学校に手紙と募金を送っています。

自分たちが助けてもらったから、地震で困っている中学生に何かしたい気持ちが一杯なのでしょうね。

大きな地震は二度と来て欲しくありませんが、こうやって中学生達が繋がるのは本当に嬉しいことです。

さあ、今日は益城で大黒摩季さんと益城中学校、木山中学校吹奏楽部の演奏などが繰り広げられます。

参加された人々に元気を一杯届ける、希望溢れる復興ライブになることでしょう♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました