植草歩の経歴とプロフィール!父母と兄弟は?出身高校と大学もチェック!

ソーシャル
この記事の所要時間: 422

さん、こんにちは。

2018年ももうすぐ終わろうとしていますね。

2020年の東京オリンピックまで、2年足らずになってしまいました。

さて、東京オリンピックでは空手が正式種目になりましたね。

日本だけではなく、世界中の空手道の選手達はオリンピックを目指してがんばっていることでしょう。

植草歩(うえくさ あゆみ)選手もその一人です。

植草歩選手は最も金メダルに近い選手と期待されています。

でも彼女は空手の実力だけじゃなく、その可愛さで「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と呼ばれ、注目されているんです。

今回は、そんな植草歩さんにフォーカスしてみたいと思います。

<スポンサード リンク>
 




植草歩の経歴とプロフィール!

まず、植草歩さんの経歴とプロフィールについて見ていきたいと思います。

植草歩さんは1992年7月25日、千葉県八街市に生まれました。

現在26歳です。

幼い頃から運動が大好きな子供でしたが、小学3年生の時、友達に誘われて空手を始めました。

小学5年生の時に全国大会に出場し、全日本少年少女大会で3位になります。

空手を始めて2年しか経っていないのに、全国大会3位だなんて、すごいですね。

中学生になると、空手をしながら学校では陸上部でがんばっていました。

高校3年生の時、全国高校総体女子個人組手で3位になり、更に国体で優勝します。

大学はスポーツ特待生として帝京大学に入学します。

大学1年生の時から日本代表に選ばれ、2011年学生選手権で準優勝します。

2012年、東アジア選手権で優勝、世界選手権で3位。

2013年、ワールドゲームズで優勝。

2015年に大学を卒業すると、高栄警備保障株式会社に就職し、何と社長秘書を務めます。

朝7時に出社して仕事をし、午後から夜までは帝京大学で空手の練習をするという日々だったそうです。

植草歩さんは、大学卒業で引退をするつもりでしたが、2020年の東京オリンピックで空手が正式種目になるかもしれないということで、現役続行を決めたのです。

2015年12月に行われた全日本空手道選手権大会 個人組手では優勝に輝きました。

そして、2016年、2017年と優勝し、3連覇を果たします。

2018年1月からは日本航空に所属し、2020年の東京オリンピックでの金メダルを目指して練習に励んでいます。



父母と兄弟は?

 

それでは、植草歩さんの父と母、それから兄弟について見てみたいと思います。

植草歩さんの父親は政國(まさくに)さんと言われます。

お仕事は建築関係で、空手はやっておられないようですが、娘、歩さんの才能を見抜き、空手を応援して来られたのだそうです。

歩さんの負けず嫌いな性格も、空手の世界できっと良い方に働くと思われたのでしょうね。

高校に進学する時は、父親、政國さんが後押しをして、空手の強豪校である柏日体高校に歩さんを進ませました。

母親も空手とは全く縁のなかった方のようですが、歩さんが空手で活躍するにつれ、食事や健康管理など、いろいろと気をつけて来られたのでしょうね。

兄弟は姉が一人おられ、植草歩さんの家族は4人家族です。

歩さんの試合には、いつも家族全員で応援に行かれるのだそうです。

仲の良いご家族なんですね。

出身高校と大学もチェック!

植草歩さんの出身高校と大学についても見ていきたいと思います。

植草歩さんの出身高校は柏日体高校です。

柏日体高校は千葉県柏市にある私立高校です。

2016年4月に日本体育大学柏高等学校と改名されました。

柏日体高校は全国大会において優勝経験のある空手の他、サッカー、野球、陸上競技、チアダンスなどの強豪校として知られています。

柏日体高校は数多くの著名なスポーツ選手を輩出していますが、今年の箱根駅伝で区間新記録に輝いた青山学院大学の林奎介選手のこの高校の出身です。

植草歩さんの出身大学は帝京大学です。

植草歩さんは空手道特待生として帝京大学に進学し、医療技術学部スポーツ医療学科で学びました。

帝京大学は東京都板橋区に本部を置く私立大学で、各方面の著名人に帝京大学の出身者が数多くいます。

俳優のともさかりえさんや岩城滉一さん、柔道の松本薫選手もここの出身です。

家族や先生、仲間に応援されてここまできた植草歩さん。

2020年の東京オリンピックまで、辛いことも多いでしょうけど、その笑顔でがんばって欲しいものです。



コメント