嵐活動休止の真相!記者会見の中身と放送は?20周年記念ツアーもチェック!

ソーシャル
くらし
この記事の所要時間: 658

日1月27日の夕方、突然に「嵐活動休止!」のニュースが日本全国いや世界中を駆け抜けました。

娘が大ファンなので、私も自然と嵐の歌を聴いたり番組を見たりしていましたので、少なからずショックです。

それに、私の周りにも嵐ファンがたくさんいます。

以前同僚だったMさん、近所のKさん、PTAで一緒だったSさん・・・。

その呆然とした顔が脳裏に浮かんできました。

どうしてるだろう?

大丈夫かな・・・。

嵐の活動休止の真相は一体何なのでしょうか?

ここでは、嵐活動休止の真相と記者会見の内容、そして今後のコンサート予定についてお伝えします。

<スポンサード リンク>
 




嵐活動休止の真相!

2020年いっぱいで嵐の活動を休止するという話は2017年の6月に大野君が始めたとのこと。

理由は「一度自由な生活がしてみたい。」

その後何度も何度もこのことについて、メンバー5人で話し合い、2018年の6月には2020年をもって活動休止という決定が全員によってなされたとのことです。

これは解散ではなく、あくまでも休止なのですが、再開の予定は決まっていません。

これを大野君が言い出したことにみんなが最終的に同意したみたいに思えますが、SNS上では、「リーダーの大野君がメンバー全員のことを引き受けてくれている。」「大野君は自分が矢面になろうとしたんだ。」と、大野君を賞賛する意見がたくさんありました。

そういうところから考えると、嵐の活動休止の真相は以下のようなことではないかと考えられます。

年齢的に次のステップに飛躍するタイミング

10代から活躍している嵐のメンバー。

現在、二宮君と松潤が35歳、相葉君が36歳、翔君が37歳、そしてリーダーの大野君が38歳です。

う~ん、そうなのか。

この前、10周年だったと思ったら、もう20周年・・・。

でも若い時と同じように、いやそれ以上にキレのあるダンスと歌。

すごいなあと日頃思っていたんですけど、改めて年齢を考えるとほんとすごいですよね。

スポーツ選手でも引退を考える年齢です。

さすがに、いつまでも今のままと言うわけにはいきません・・・。

今までとは違うステップに飛躍するためには、いいタイミングだと考えられます。

20周年という区切りで最高の嵐を心に留めてもらう

今年は嵐のデビュー20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」が全国で予定されています。

嵐のメンバーもその大事なコンサートに向けて精一杯の準備をしていることでしょうね。

ファンもいつも以上に期待に胸を膨らませていることでしょう。

嵐のファンの年齢層は広く、みんなに好かれる、まさに国民的アイドルですよね。

ですから、今までの、そして今の最高の嵐を、ファンの心に残しておくのがベストなのかも知れません。

メンバー全員が個人で活躍する確かな土壌を持っている

そうは言っても、嵐というグループを離れた時に、個人でしっかりと立つ土壌がなければ安易に休止などはできません。

しかし嵐のメンバーは全員が一人ひとり個人としてもしっかりと活躍しています。

それは本当にすごいことです。

ですから、休止という選択ができたのではないでしょうか。

仲が悪くなったのではない!

娘から、「嵐は仕事以外でも仲がいいんだよ。」と聞かされていましたが、本当にそうだと思います。

でも以前から不仲説をささやく人もいたようです。

しかし、それはないと思います。

相葉君も「決して仲が悪くなったという訳ではありません。」とコメントしています。



記者会見の中身と放送は?

活動休止が発表された1月27日(日)の午後8時から、嵐5人による記者会見が行われました。

午後9時過ぎからAbemaTVで記者会見の模様が放送されましたが、音声のみでした。

どこで放送されるか調べてみました。

今夜11時55分からの日テレ「Going! Sports&News」の番組内容には「速報!嵐、活動休止を発表!メンバー集結の緊急会見」とあったので、放送されるかも知れません。

明日28日(月)はTBS「はやドキ!」(午前4時から)に「メンバー全員会見の模様をたっぷり・じっくりとご紹介!」とありました。

その後は、多分どの報道番組でも放送されると思いますが、記者会見でのメンバーそれぞれのことばをまとめておきます。

大野智さん

嵐は2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止する。

みんなに集まってもらって気持ちを伝えた後は一人一人と会って話した。

今まで見たことのない景色を見てみたい。

最初は事務所を辞めなくてはいけないと思ったが、所属したままでお休みという形を取ることにした。

解散ではない。

二宮和也さん

言われて本当に驚いた。

4人でも6人でも嵐ではない。

5人じゃなきゃ100%のパフォーマンスはできないから、リーダーの思いを尊重した。

櫻井翔さん

驚いた。

でも一人の思いで嵐の将来は決められないし、他の何人かの思いで一人の人生をしばることもできない。

時間をかけても全員が納得する形の着地点を探すのは自分の役割だろうと思った。

松本潤さん

自分たちがいい形でグループを閉めるということをメンバーに話したことがあった。

だから自分は驚かなかった。

このタイミング、2020年で区切りをつけるのがべストじゃないかと判断した。

相葉雅紀さん

初めて聞いた時はひっくり返った。

心の準備がいったし、何とか嵐を続けていける方法はないかとリーダーに相談したこともあった。

でも一人欠けてしまったら嵐としては難しいと思ったので、リーダーの意見を尊重した。



20周年記念ツアーもチェック!

それでは今後予定されているコンサートの日程をまとめておきます。

愛知 ナゴヤドーム

4月13日(土)18:00
4月14日(日)15:00

東京ドーム

4月18日(木)18:00
4月19日(金)18:00
4月20日(土)18:00

福岡ヤフオク!ドーム

4月28日(日)18:00
4月29日(月・祝)12:00

北海道 札幌ドーム

5月17日(金)18:00
5月18日(土)18:00
5月19日(日)16:00

大阪 京セラドーム大阪

8月30日(金)18:00
8月31日(土)18:00
9月  1日(日)16:00

東京ドーム

10月30日(水)18:00
10月31日(木)18:00

北海道 札幌ドーム

11月14日(木)18:00
11月15日(金)18:00
11月16日(土)16:00

大阪 京セラドーム大阪

11月21日(木)18:00
11月22日(金)18:00
11月23日(土・祝)15:00

東京ドーム

11月29日(金)18:00
11月30日(土)18:00
12月  1日(日)18:00

福岡ヤフオク!ドーム

12月6日(金)18:00
12月7日(土)18:00
12月8日(日)16:00

愛知 ナゴヤドーム

12月13日(金)18:00
12月14日(土)18:00
12月15日(日)15:00

東京ドーム

12月24日(火)18:00
12月25日(水)18:00



コメント