大山千広(ボートレース)の父と母について!経歴は?成績もチェック!

ソーシャル
この記事の所要時間: 86

こんにちは。

皆さん、ボートレーサーの大山千広(おおやま ちひろ)選手をご存じですか?

大山千広選手はデビューしてまだ5年ですが、昨年はG1のレースで最年少での優勝を飾り、賞金女王になりました。

それにすごくかわいくて注目されているんです。

3月7日(土)放送の「バース・デイ」にも取り上げられるんですよ。

今回は、そんな大山千広選手の父と母、経歴とプロフィール、成績、賞金、結婚と夫、グッズなど、いろいろと調べてみました。

<スポンサード リンク>
 




大山千広の父と母について

まず、大山千広選手の父と母について見てみたいと思います。

大山千広選手の母親はシングルマザーとして、女手一つで千広選手を育てられました。

それで、大山千広選手の父親については詳しいことは分かりません。

ネット上では、大山千広選手の父親は福岡県出身で元競艇選手の方とも言われていますが、そこは確かな情報ではありませんので、ここでお名前を出すのは控えさせていただきます。

大山千広選手の母親は元競艇選手の大山博美さん、53歳です。

母親の博美さんは歯科助手をされていましたが、ある日ボートレーサー募集のCMを見たことがきっかけになり、ボートレースの世界に入りました。

そのCMに出ていたのは当時の女子ボートレーサーのトップアイドル、石原加絵さんでした。

石原加絵さんは「競艇界の薬師丸ひろ子」と言われる程の美人だったそうです。

母親の博美さんは、きっとボートレーサーとしての石原加絵さんの美しさとかっこよさに魅せられ、「自分もこれしたい!」と心に火がついたのでしょうね。

そして母親の博美さんは1987年11月に61期生としてデビューしました。

博美さんはレディースチャンピオンに18回出場し、1997年と2001年には優勝もされています。

また2004年と2008年にはG1九州地区選手権に出場し、3勝されています。

母親の博美さんもすごいボートレーサーだったのですね。

千広さんとの母娘の対決も3回あり、そのうち2回は母親の博美さんが勝利しました。

2016年に千広さんが勝利した時、博美さんは、千広さんの成長が母親としてすごく嬉しかったそうです。

競艇選手としてこんなに活躍しながら、シングルマザーとして子育ても頑張るということは並大抵の努力ではできなかったことでしょうね。

博美さんは31年間、ボートレーサーとして活躍され2018年に引退されました。

でももし、大山千広選手の父親も競艇選手だったとしたら、大山千広選手はすごい素質を持っているということになりますね。



大山千広の経歴とプロフィール

次に大山千広選手の経歴とプロフィールについてお伝えします。

経歴

大山千広選手は1996年2月5日、福岡県飯塚市に生まれました。

大山千広選手は幼い頃から、母親がボートレーサーとして全国を飛び回り、父親もいないので、とても寂しい思いをしてきたそうです。

でも、母親の活躍する姿は千広選手の憧れであり、自分もボートレーサーになることを夢見てきました。

大山千広選手は中学校、高校時代は陸上競技を頑張りました。

中学校では短距離を、近畿大学附属福岡高校に入学してからは七種競技をしていました。

大山千広選手は高校を卒業する時、自分もボートレーサーになりたいということを初めて母親に伝えました。

その時、母親の博美さんは賛成も反対もしなかったとか。

きっと、母親として娘の気持ちが嬉しいのと、自分がその厳しさを知っているからこそ、娘にきつい思いをさせたくないという両方の思いが渦巻いたのでしょうね。

そして大山千広選手はやまと学校(現在のボートレーサー養成所)に入学することになります。

やまと学校は福岡県南部の大和町(現在は新柳川市)にある日本で唯一のボートレーサー養成所で、軍隊並みに厳しい訓練があることで知られています。

大山千広選手も入学して2ヵ月が経った頃、きつくて辞めたいと思い、母親に手紙を書いたそうです。

そうしたら、母親から励ましの手紙をもらい、また、母親の時代はもっと厳しかったという話を聞いて、何とか乗り越えることができました。

そして2015年にデビュー戦を飾ります。

大山千広選手と母親の博美さんは、競艇界初の母娘ボートレーサーとして大きな注目を浴びました。

大山千広選手の初勝利は母親の博美さんに勝った時でした。

お互い、いろいろと複雑な思いもあったでしょうが、普段はあまり褒めることがない母親から「おめでとう」と言ってもらえて、とても嬉しかったそうです。

今、大山千広選手も大人になり、自分が小さかった時の母親の気持ちも分かるようになって、母親の博美さんとはとてもいい関係を築けているそうです。

大山千広選手は昨年に続き、5月に開催されるSG第47回ボートレースオールスターに出場することが決まりました。

大山千広選手はレース以外では、少年漫画とテレビのバラエティ番組が好きなのだそうです。

プロフィール

以下にプロフィールをまとめておきます。

名前 大山 千広(おおやま ちひろ)

生年月日 1996年2月5日

年齢 24歳(2020年3月現在)

出身 福岡県飯塚市

近畿大学附属福岡高校卒業

身長 161cm

体重 46kg

血液型 O型

支部 福岡

登録番号 4885

登録期 116期

級別 A1級

同期には大塚康雅選手や田中宏樹選手がいます。



大山千広の成績は?

たま1203さんによる写真ACからの写真

大山千広選手のこれまでの成績も見ておきましょう。

ボートレースの試合は一般戦、GⅢ、GⅡ、GⅠ、SGというグレードに分かれています。

2015年5月12日、福岡競艇場で行われた九州プロレス杯(一般戦)でデビューし6着。

2016年5月、若松競艇場で行われたG3オールレディースJALカップで、母親の博美さんを沈めて初白星。

2017年2月、芦屋競艇場での第5回楽天銀行杯で、優勝戦に出場するもフライングを犯して優勝はできず。

2017年9月、福岡競艇場で行われたG3オールレディースで初優勝!

2018年9月、浜名湖競艇場でのG1第5回ヤングダービーでG1として初出場でG1初優出。

2019年5月の第46回笹川賞においてSG初出場。

2019年8月12日、蒲郡競艇場におけるG1第33回レディースチャンピオンに初出場で初優勝!23歳6か月で史上最年少での優勝を飾る。

大山千広の賞金は?

大山千広選手は2019年の賞金女王になりました!

8月のG1レディースチャンピオンに初出場で優勝し、12月には賞金上位者だけが出場できるグランプリシリーズにも選ばれました。

大山千広選手の年間獲得賞金は5600万円を超えたのだそうです。

すごいですね!

ちなみにボートレースの賞金はG1のレースで480万円から1,500万円程、SGになると最高1億円だそうです。

大山千広選手の獲得賞金が1億円になる日もそう遠くはないかも知れませんね。

大山千広の結婚と夫について

大山千広選手の結婚や夫あるいは彼氏についても気になるところですが、今のところ、結婚や夫、彼氏に関する情報はありません。

昨年、G1のレースで優勝し、賞金女王にまでなった大山千広選手なので、今は結婚のことは考えられないかも知れませんね。

将来、きっと素晴らしい出会いがあることと期待しています。

大山千広のグッズも紹介

大山千広選手はモデル並みに美人で、「かわいい!」と大人気です。

かわいくて実績もある大山千広選手はファン投票で女性1位、全体で4位という人気ぶりです。

それで、大山千広選手のTシャツやクリアケース、クオカードなど、様々なグッズが販売されています。

私もちょっと調べてみたら、楽天にかわいいニコちゃんマークのコースターがありました。

大山千広選手の公認グッズだそうです。

裏にはアルファベットで大山選手の名前も入っていました。

大山千広選手コースター|ボートレース可愛い女子選手九州人気ニコちゃんマーク

可愛くて元気が出そうでいいですね!

まとめ

今回は、今話題のボートレーサー、大山千広選手の父と母、経歴とプロフィール、成績、賞金、結婚と夫、そしてグッズについてもお伝えしました。

こんなにすごい大山千広選手ですが、とても謙遜な方で、全然得意げになっておられないところが魅力的です。

「賞金女王になったのもたまたまで自分はまだまだ。」と言われています。

そこがまたすごいですね。

でも大山千広選手の目標は高く、男子を抑えてSGレースで優勝することだそうです。

大山千広選手、期待しています!



タイトルとURLをコピーしました