西国原礼子の現在と昔のアイドル時代について!結婚やプロフィールもチェック!

ソーシャル
この記事の所要時間: 61

んにちは。

今日は連休最後の日というのに、私の住んでいる熊本では冷たい雨が降っています。

明日からお仕事の皆さん、お疲れ様です。

さて、皆さん、SDN48のメンバーだった西国原礼子(にしくにはら れいこ)さんをご存知ですか?

西国原礼子さんはSDN48の最年長で、しかもすごく歌がうまいということで注目されていた方です。

この西国原礼子さんが5月9日(水)の「THEカラオケ★バトル 最強女子ボーカリストカップ」に出場されます。

今回は西国原礼子さんの現在と昔のアイドル時代について、そして結婚やプロフィールについてもまとめてみました。

<スポンサード リンク>
 




西国原礼子の現在は?

西国原礼子さんは現在、Rachel(レイチェル)という名前で、ロックバンドのメンバーをされています。

「Black Butterfly」というバンドで、担当はもちろんボーカルです。

「Black Butterfly」は5人組のバンドで、西国原礼子さんだけが女性です。

このバンドは、「ロックとR&Bと津軽三味線との融合」だと西国原礼子さんは言っておられますが、確かにツイッターにあげられている写真を見ると、津軽三味線を弾いているメンバーがおられます。

ロックバンドの中に三味線だなんて、初めて見る光景なのに、不思議としっくりきています。

どんな音楽なのか、すごく興味が沸きますね。

「Black Butterfly」の初ライブは今年の目黒鹿鳴館」で開催されました。

次は6月9日に行われる「KOUJIドラム教室プレゼンツ」というライブにゲスト出演するみたいです。

西国原礼子さんは、昔はアイドル、現在はロックと、ジャンルにかなりの幅がありますよね。

でも現在のロックが、西国原礼子さんが今一番やりたい音楽のようです。

<スポンサード リンク>
 




昔のアイドル時代について!

西国原礼子さんの昔のアイドル時代はどんな感じだったのでしょうか?

西国原礼子さんは2009年に行われたSDN48のオーディションに合格して、SDN48の第一期生になり、アイドルとしての活動を開始します。

西国原礼子さんはこの時既に31歳でした。

SDN48のメンバーの条件は20歳以上だったそうですが、それにしても31歳でアイドルになるなんて、なかなかないことですよね。

アイドルになれる程に、西国原礼子さんの気持ちと見た目が若々しかったのでしょうね。

でもそれだけではだめです。

西国原礼子さんの抜群の歌唱力があってこその合格だったのだと思います。

その証拠に、秋元プロデューサーは西国原礼子さんのことを「日本のスーザン・ボイル」と言われたそうですよ。

SDN48の中で最も歌が上手なメンバーとして、2011年のセカンドシングル「愛、チュセヨ」の中に西国原礼子さんのソロ曲「愛よ 動かないで」が入っています。

結婚は?

西国原礼子さんは2017年10月22日に結婚されました。

結婚してまだ半年ちょっとの新婚さんなんですね。

お相手はkazzさんとおっしゃるギタリストで、本名は砂川和也さんだそうです。

kazzさんは1968年7月28日生まれの49歳。

西国原礼子さんより9歳年上です。

すごく頼りがいのある方なのでしょうね。

kazzさんはアメリカの「Miles Divide」というバンドでもギターを担当しておられるそうです。

ということは、日本とアメリカを行ったり来たりされているのでしょうか?

西国原礼子さんは2014年にフリーになった後、ニューヨークに行かれているようですので、もしかしたらそこで出会われたのかも知れませんね。

ツイッターには、お二人の結婚パーティーの様子がアップされていましたが、仲間に囲まれて、とても幸せそうなお二人でした。

それからウェディングケーキがロック風になっていて、お二人がロックを愛されているのが分かりました。

ロックに強く惹かれるようになったのも、アメリカでの彼との出会いがきっかけかも知れません。

結婚相手と音楽の趣味も一緒というのは、とても幸せなことですね。

プロフィールもチェック!

それでは、西国原礼子さんのプロフィールを見ていきたいと思います。

西国原礼子さんは1977年11月24日、宮崎県に生まれます。

現在は40歳です。

身長は161cm。

歌われている姿を見ると、もっと背が高いのかと思っていました。

西国原礼子さんは日本人の祖父母とアメリカ人の祖父を持つ、いわゆるクォーターです。

9歳の時、カラオケ大会に出場して優勝し、その後、民謡を習い始めます。

だから、ロックに三味線を融合させようという斬新なアイデアが生まれたのかも知れませんね。

18歳の時に歌手を目指して上京。

2009年6月に行われたSDN48オーディションに合格し、8月からSDN48としての活動を開始しました。

31歳の時です。

それから、SDN48の最年長メンバーとして活躍しましたが、2012年3月、SDN48を卒業します。

4月に事務所をLIBERAに移し、宮本亜門さん演出のミュージカルに出演したりしました。

2年後の2014年3月、LIBERAから独立し、フリーになります。

フリーになってから、ニューヨークに行かれたようです。

西国原礼子さんは、フリーになるまでブログをされていましたが、その最後の記事に、ニューヨークに行ってチャンスを掴みたいということが書かれていました。

すごい行動力ですね!

「明確な計画があるわけではないけど、行ってみたら何かいいことがあるだろう。」という、その楽観的な考え方、私は大好きです。

そして帰国してから、前述したように、昨年結婚、今年はバンドの立ち上げと、充実した日々を過ごしておられます。

まとめ

今回は、現在ロックグループのボーカルとして活躍する西国原礼子さんについてお伝えしました。

ツイッターを見ると、とても明るい方だというのが伝わってきます。

だんなさんも楽しい方のようです。

益々、好きな歌で活躍して欲しいですね。

5月9日の「THEカラオケ★バトル」では小柳ゆきさんの「愛情」を歌われます。

楽しみですね。

<スポンサード リンク>
 




 

コメント