最も怖いのは無関心なこと 72回目の長崎原爆の日に思う

ソーシャル
社会のこと
この記事の所要時間: 150

日は長崎原爆の日です。72年前の今日、午前11時2分に長崎市に原爆が落とされました。原爆の犠牲になった方は、この1年間で死亡が確認された3551人を含め17万5743人にも上ります。

長崎市の平和公園で行われた平和祈念式典には過去2番目に多い58カ国の代表が参列したそうです。

テレビで式典の様子を見ていたのですが、長崎市の田上市長の平和宣言が強く心に残りました。

「核兵器禁止条約」が採択されたことについて、被爆者の願いが多くの国々を動かしたとし、『「ヒバクシャ」の苦しみや努力にも言及したこの条約を「ヒロシマ・ナガサキ条約」と呼びたい。』と言われました。

その上で、「核兵器を持つ国々と核の傘の下にいる国々に訴えます。安全保障上、核兵器が必要だと言い続ける限り、核の脅威はなくなりません。核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください。」

そして出席している阿部首相を前に、こう言われました。

「日本政府に訴えます。核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。」

私もそう思います。

被爆者や遺族など約5400人の中にいて、一体安倍首相はこのことばをどう受け取られたのでしょうか。

被爆者や遺族の思いをどう感じられたのでしょうか。

被爆者代表の深堀さん(88歳)は「平和への誓い」の中で「東日本大震災から6年。こともあろうに原発再稼働があっている。私は、核は人類と共存できないと確信している。」と言われました。

女子高校生が「私達は被爆者から実際に体験を聞ける最後の世代。確かに最後の世代。しっかりと話を聞き、被爆者の体験や思いを次の世代に受け継ぐ役割がある。」と話していました。

こんな若者にこれからの日本を託したいです。

田上市長が「最も怖いのは無関心なこと、そして忘れ去ることです。」と言われました。

私は何もできませんが、せめて今日感じたことを伝えようと思いました。

読んでいただきありがとうございました。

コメント