きものレンタリエで成人式はまだ間に合う!料金は?レンタル期間と返却方法もチェック!

ソーシャル
くらし
この記事の所要時間: 339

けましておめでとうございます。

2019年がスタートしました。

三が日が明けたら、すぐに成人式がありますね。

成人式と言えば、昨年は本当にひどい事件がありました。

一生に一度の晴れの日に、購入したりレンタルしたりした振り袖がないという、あまりにひどいニュースに怒りがこみ上げました。

今年は新成人の皆さんにとって、一生の良き思い出となる成人の日を迎えることができますように。

さて、目の前に迫った成人の日ですが、いろいろな事情で、まだその日の晴れ着の準備ができていない方達もおられるようです。

そんな方達に朗報があります。

老舗呉服店が行うきものレンタリエでは、今からでも振り袖のレンタルが間に合うそうです。

それも老舗呉服屋さんが選んだ着物を格安の料金でレンタルすることができます。

今回は、そんなきものレンタリエについてお伝えします。

<スポンサード リンク>
 




きものレンタリエとは?

岩手県一関で九代続く老舗呉服店である「和とわ」が行う、ネットによる着物のレンタルサービスです。

「和とわ」は「豊かな人生 ときめく日々」を経営理念とし、一人でも多くの人に着物を通して装いの喜びを届けたいと、このサービスを始めました。

振袖だけでも200着以上を揃えていて、帯や小物など、モデルさん着用のフルセットが届きます。

嬉しいのは送られて来る時も返す時も送料無料だということです。

自分の身長や価格、「モダン」「クール」「かわいい」「古典」という好みのテイストから好きな着物を選ぶことができます。

但し、ネットによるレンタルなので、申し込む前に実物を見たり、試着したりすることはできません。

その代わりに前後、横、帯、着物の柄など16通りの写真でチェックできるようになっています。



料金は?

料金は14,500円(税込)からありますが、1月は他の月の約2倍の料金になっています。

14,500円のものは1月は29,000円(税込)です。

普段24,500円のものが49,000円(税込)、29,500円のものが59,000円(税込)です。

一番高いものがフルセットで59,000円のようですから、1月は倍の料金だと言っても、大変お得ですね。

レンタル期間は?

レンタル期間は3泊4日です。

着物を着る日の2日前に届き、着た翌日の最終集荷までに返送手続きをすることになります。

もしレンタル期間を延長したい場合は連絡をして、次の予約が入っていないならば延長できます。

その場合は延長1日につきレンタル料金の10%を払うことになります。



返却方法もチェック!

借りたのはいいけど、返却方法が気になりますよね。

着物と一緒に返却方法の用紙が同封されていますので、そちらで確認してください。

まず、チェックシートを見て、レンタルした商品が全部揃っているか確かめます。

次に届いた時のダンボールに全てを入れ、同封の着払い伝票を貼って、宅配業者に頼んでください。

もし、着物や付属品を汚した場合は絶対に自分で処理をせずにそのまま返却してください。

その際、返却シートにそのことを書いておいてください。

著しい汚れや破損の場合はクリーニング代や修理費などの実費を請求される場合もあります。

まとめ

今回は、成人式にまだ間に合うきものレンタリエについてお伝えしました。

これから振り袖を探す新成人の方々、ご自分に合う素敵な着物と出会えたらいいですね。

皆さんの前途に、幸せがたくさんありますように♡



コメント