皆既月食 2018年1月31日の熊本での時間と撮影のおすすめ場所を紹介!天文台での観測会もチェック!

ソーシャル
未分類
この記事の所要時間: 42

さん、こんにちは。

今日1月31日は3年ぶりに日本で皆既月食が見られる日です。

皆既月食というのは、太陽と地球と月が一直線に並び、満月がすっぽりと地球の影に覆われる現象のことです。

そして満月が赤黒く輝いて見えます

それは、太陽の光が届かず暗くなった月に、地球の大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折して月を照らすからです。

しかも今夜はスーパー・ブルー・ブラッドムーンと呼ばれる、ものすごく珍しい月が見られるそうなのです。

スーパームーンというのは、地球と月が接近して、いつもよりも大きく見える満月のことで、ブルームーンというのは、月に2度目の満月のことで、月が青く見えるそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星空ガイド2018 [ 藤井 旭 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

 

何と今日はその3つが揃った大変珍しい日であるということで、各地で観測会が計画されています。

見たいですよね!

<スポンサード リンク>
 




皆既月食2018の熊本での時間は?

国立天文台の月食各地予報を使って、熊本市での月食の時間を調べてみました。

それによると、以下のようになっています。

半影食の始め 19時50分

部分食の始め 20時48分

皆既食の始め 21時51分

食の最大 22時30分

皆既食の終わり 23時8分

部分食の終わり 0時11分

半影食の終わり 1時10分

ということは、22時30分がピークということですね。

肉眼でも十分に見えますが、双眼鏡や望遠鏡で見ると、より詳細に観察できるそうです。

<スポンサード リンク>
 




撮影のおすすめ場所を紹介

高台で見晴らしの良いところだったら、どこででも見られますが、阿蘇方面は道路の凍結が心配です。

それで、熊本市周辺の方だったら、以下の2か所がおすすめです。

金峰山

金峰山は標高665mで、山頂付近の道路からは熊本市街の美しい夜景を望むことができ、車で登ることができます。

金峰山の今夜の登山指数はA、即ち「登山に適している」になっていますが、気温はマイナスになると思われますから、もし行かれる時は、十分な防寒具が必要です。

また天気予報が夕方から曇りになっていて、山頂付近では雪が降る可能性もあります。

安全第一です。無理はされないようにしてくださいね。

弁天山公園

合志市にあります。

弁天山の標高は145.75メートルですから、天気が崩れなければ、安全に見れるのではないかと思います。

天文台での観測会をチェック!

熊本県内では以下の4箇所の天文台で観測会が予定されています。

しかし、天気予報が曇りになってきましたので、行かれる時は事前に確認してください。

清和高原天文台(山都町)

一応、夜中の12時まで観測会を行うそうです。

しかし、途中の道路が凍結しているそうです。また雪が降るかも知れません。

慣れていない方は今夜は難しそうですね・・・。

さかもと八竜天文台(八代市)

本来は水曜日は休館日なのですが、月食が観察できる天候なら、今夜は19時30分から午前1時まで開けるそうです。

道路の凍結はないそうです。

うぶやま天文台(産山村)

こちらは2年前にできたばかりのところですが、今夜は遠くから行くのは難しそうですね。

ミューイ天文台(上天草市)

こちらも山道を行かないといけないので、慣れていないと今夜は難しいですね・・・。

まとめ

スーパー・ブルー・ブラッドムーンなんて、今度いつ見られるか分かりませんね。

何とか、お天気が崩れないで、珍しい月を見たいものです。

私も天文台に行きたかったのですが、道路が心配なので、今夜は家の前の公園で見ることにしますね。

出かけられる方は、くれぐれもお気をつけください。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました