本堂杏実(パラリンピック・アルペンスキー)の出身高校と大学は?父母とラグビーの経歴もリサーチ!

ソーシャル
この記事の所要時間: 526

昌パラリンピックも4日目になりました。

アルペンスキーでは村岡桃佳選手が銀メダルと銅メダルを、森井大輝選手が銀メダルを獲得しました。

すごいですね。

アルペンスキーの日本代表選手には、村岡選手の他にもう一人女性がいます。

本堂杏実(ほんどう あんみ)選手です。

とっても可愛い女の子ですけど、ものすごく負けず嫌いでスポーツ万能の21歳です。

本堂杏実選手はラグビーの選手でありながら、スキー競技を初めて1年半でパラリンピック出場を果たしました。

今回は、そんな本堂杏実選手についてお伝えしていきます。

村岡桃佳選手と森井大輝選手についてはこちらをどうぞ。

村岡桃佳の出身高校と大学は?父母や彼氏が気になる!家族やプロフィールも紹介!
いよいよ明日から平昌パラリンピックが始まりますね。 6日には入村式があり、日本の選手や役員50名が参加したそうです。 しかし、今回のパラリンピックで旗手を務める村岡桃佳(むらおか ももか)選手はバスの到着が遅れ、入村式に...
森井大輝(パラリンピック)の結婚について!家族は?プロフィールや出身高校もリサーチ!
いよいよ平昌パラリンピックが始まりますね。 とても楽しみです。 パラリンピックにはチェアスキーの競技があります。 チェアスキーは1枚の板にシートやサスペンションが取り付けられていて、先端にミニスキーの付いた2本のス...

<スポンサード リンク>
 




本堂杏実の出身高校と大学は?

本堂杏実選手の出身高校は日体桜華高等学校です。

日体桜華高等学校は東京都にある私立の高校で、日本体育大学の併設校です。

入学当時、日体桜華高校にはラグビー部がなかったので、本堂選手はサッカー部に入部しました。

2年生になる時にラグビー部ができましたが、部員が集まらず、本堂選手は他の高校との合同チームで試合に出ていたそうです。

大学は日本体育大学に進みます。

日本体育大学は、今までに日本代表選手を多く輩出している女子ラグビーの強豪校です。

<スポンサード リンク>
 




父母について

父は勝之さん、母は純子さんとおっしゃいます。

父母は杏実選手を特別扱いせず、何でも他の子たちと同じように育てました。

父がラグビーをしていた影響で、杏実選手も5歳からラグビーを始めます。

弟の杏虎(あとら)さんもラグビーをしており、現在日体大のラグビー部に所属しています。

母は、杏実選手が将来困らないように、小さい時から靴紐も自分で結べるようにしつけます。

小学校低学年の頃、指がないことで男の子にいじめられ、泣いて帰った時には「おまえには心がないんだ。」と言い返すようにと杏実選手に檄を入れたそうです。

そんな母はスキーが好きで、それで杏実選手も3歳からスキーをしていました。

ラグビーの経歴もリサーチ!

杏実選手は父の影響で5歳から川越ラグビースクールに通っていました。

小柄ですがタックルが得意で、小学4年生の時に関東ユースの選抜メンバーになります。

中学生になると、「リバティフィールズ」という女子ラグビーチームでプレーをしていました。

上述したように、高校2年生からラグビーを再開し、18歳以下の関東選抜と日本選抜に選ばれました。

そしてサニックスワールドラグビーユース交流大会2014で優勝します。

日本体育大学1年生の時、ピンクリボンカップで優勝し、MVPを二つ獲得します。

2年生の時は、太陽生命ウイメンズセブンズシリーズ2016の年間総合優勝に大きく貢献しました。

プロフィールは?

本堂杏実選手は1997年1月2日、埼玉県所沢市に生まれます。

現在21歳。

身長は152cm。小柄なんですね。

本堂杏実選手は生まれながらにして左手の5本の指がありません。

しかし、とても活発で運動が好きな子供でした。

そして小さい頃から負けず嫌いでした。

父の影響で5歳からラグビーを始めます。

小学校でもラグビーを頑張りますが、もともと集団で何かをするのが苦手な杏実選手は、ラグビーより個人競技のボクシングの方が好きだったのだそうです。

それでも、活躍して成績を残すので、結局ラグビーを続けることになります。

中学時代は女子ラグビーチーム「リバティフィールズ」でプレーしながら、学校では陸上部に。

中学3年の時はハードルで県大会に出場しました。

日体桜華高校では上述したように、できたてのラグビー部で部員も揃わず、満足感も得られないのでやめたいと思ったのですが、選抜チームに選ばれたりして、「じゃあ、がんばってみよう。」という気になったそうです。

そして日体大でもラグビーを頑張ります。

しかし、そんな時、ラグビー部の顧問から「パラリンピックに出てみないか。」と言われたのです。

それはパラリンピック冬季大会でメダルを取れるような選手を育成するために「日本体育大学スキー部パラリンピック出場応援プロジェクト」というのが立ち上がったからでした。

陸上でパラリンピックに出場するという選択肢もありましたが、杏実選手は幼い頃から親しんできたスキーを選びました。

そして、パラリンピックへの挑戦が始まったのです。

昨年は国内外でのいくつもの合宿に参加し、努力を重ねてきました。

右手でストックを持ち、バランスを取るために左手には400gの重りを付けて練習したのだそうです。

現在、日本体育大学体育学部健康学科の3年生。スキー部とラグビー部に所属しています。

まとめ

本堂杏実選手は「障がいを持っていることで話題になるのではなく、一人の人間として影響を与える人になりたい。」と言っています。

私達は、その人の体の特徴に目を向けるのではなく、その人のやってきたことや思いに目を留める人でありたいですね。

本堂杏実選手は11日の女子スーパー大回転では残念ながら途中棄権になってしまいました。

悔しかったでしょうね。でも13日(火)に、スーパー複合に出場します。

開始時間は午前10時5分です。

皆さん、本堂杏実選手を応援しましょう!

<スポンサード リンク>
 




コメント

タイトルとURLをコピーしました