敏感肌にもOKの日焼け止め おすすめ5選

ソーシャル
美容
この記事の所要時間: 710

んとに暑いですね。

皆さん、毎日日焼け止めをしっかり塗っておられることと思います。

美容皮膚科の先生が、「たっぷり塗らないと意味がないですからね。真っ白になるまでとは言いませんが。」と言っておられました。

でも、紫外線から肌を守るための日焼け止めで、肌が荒れてしまったらもともこもないですよね。

私も今は随分肌が強くなったのですが、4、5年前までは超敏感肌でした。新しい化粧品をつけるとすぐにかゆくなったり、赤い斑点ができたり。

それから日光を浴びると顔が真っ赤になってブツブツができていました。

ですから、なるべく安全な日焼け止めを探して試してきました。

今回はこの夏を安全に乗り切るためにおすすめの日焼け止めをご紹介しますね。

<スポンサード リンク>
 




敏感肌にもOKの日焼け止めを選ぶポイントは?

(1)ノンケミカルタイプを選ぶ

日焼け止めにはケミカルタイプとノンケミカルタイプがあります。

ケミカルタイプの日焼け止めには紫外線吸収剤が入っています。紫外線吸収剤は、紫外線を化学的にエネルギーに変えて外に放出し、肌内部に紫外線が侵入するのを防ぐ働きをします。

紫外線を防ぐ効果は高いのですが、エネルギーに変える際に化学反応を起こすので、肌への刺激が心配です。

これに対してノンケミカルタイプは、紫外線反射剤(紫外線散乱剤)で肌の表面に幕を張り、紫外線を跳ね返すしくみになっています。

こちらの方が低刺激なのでおすすめです。

(2)添加物が含まれていないものを選ぶ

合成界面活性剤や合成着色料、エタノールなどの添加物は肌荒れの原因となることがあります。

お店で購入する時はパッケージの裏を、ネットでの購入なら表示される成分表をしっかりとチェックしましょう。

(3)保湿効果のあるものを選ぶ

肌が荒れやすい人は保湿が十分にできていません。それで日焼け止めを選ぶ時にも保湿効果の高いものを選びましょう。

(4)落としやすいものを選ぶ  

成分が肌に残ると肌荒れの原因になります。だからと言って肌を強くこすったり、洗浄力の強いクレンジングを使ったりすると、そのことがまた肌の状態を悪化させることにつながります。

必ずサンプルで試した後に購入しましょう。

<スポンサード リンク>
 




敏感肌でもOKのおすすめ日焼け止め

(1スーパーサンシールド ブライトヴェール  SPF50+ PA++++ 

               4,320円 22g 〈アクセーヌ〉

アクセーヌは最新の皮膚生理学に基づき、低刺激性でアレルギーの原因とならず、効果が実感できる化粧品の開発をしているメーカーです。

時々行くコスメショップの方に勧められて、昨年はスーパーサンシールド EX(やはりSPF50+、PA++++)を使いました。

どちらも肌触りがとてもなめらかで、保湿力も高く、また肌色なので下地としても使えます。

ブライトヴェールの方は今年4月に発売されたもので、ピンクに近い肌色で、くすみや色ムラが気になるエイジング肌向きです。

もちろんノンケミカルタイプで低刺激性、無香料、アルコール、パラベンなどは無添加です。

また色素が直接肌に触れないPV(パーフェクトヴェール)技術を採用しています。

最近、地元のデパートにもアクセーヌが入っていることを知りました。行ったら肌チェックをしてくださるので、今はそちらから購入しています。

(2)ノブUVシールドEX SPF50+ PA++++

                                               2,700円 30g 〈ノブ〉

3年前に、目の横の大きなシミの相談で美容皮膚科に行った時、「ここのは敏感肌の人にも安心ですよ。」と紹介されました。

NOV(ノブ)は臨床皮膚医学に基づいて乾燥肌や敏感肌、にきび肌のためのスキンケアを重視しているメーカーです。

皮膚科や化粧品もある薬局、コスメショップ、おしゃれな雑貨屋さんなどに置いてあります。ドラッグストアやデパートにはありません。もちろんネットでも購入できます。

ミルクタイプで大変伸びがいいですが、白色なので、化粧下地をした方がいいかも知れません。

(3)UV&WHITEエンリッチリフト SPF50+ PA++++

 

4,104円 40g 〈ドクターシーラボ〉

ブルーライトや近赤外線もカットしてくれるそうです。

紫外線をブロックしながら、ハリや潤いなどエイジング肌のための美容成分が豊富に入っています。

抵抗力の弱い肌のために、無香料、無合成着色料、無鉱物油、パラペンフリー、アルコールフリーとなっています。

(4)岡田UVミルク SPF20・PA++

 

                              3,888 円 50g 〈無添加工房OKADA〉

無添加工房OKADAってご存じですか?

ここで作られた岡田UVミルクはネット上でも評判を呼んでいます。ここの社長さんはご自分の奥様や子どもさんが安心して使えるようにと研究し、岡田UVミルクが完成したのだそうです。

植物由来のエキスや食品にも使われている成分だけを使用しているので口に入れても安心。赤ちゃんにも使えます。

①納得無添加②石鹸で落とせ、洗い残し・白浮きなし③屋外での軽いレジャーにも安心の紫外線防御力④植物由来または食品レベル成分のみ配合 の4つのこだわりで作られています。

ケンコーコム UV乳液部門で1位を獲得したそうです。(2017.2.21)

普段、子どもさんやお孫さんと一緒に使われるのにおすすめです。

(5)ミネラルUVパウダー SPF50 PA++++

 

               2800円 5g 〈エトヴォス〉

エトヴォスは肌トラブルに悩まれた女性が作られたブランドで、「メイクとスキンケア、一方を変えても肌は美しくならない。」と考え、辿り着いたのがナチュラルサイエンスなスキンケアとクレンジングいらずのミネラルメイクの組み合せです。

ずっと気になっていたのですが、今年初めてトライアルセットを購入してみました。

その後購入したのが、このミネラルUVパウダーです。

これはメイクの上からつけられるので、外出前や外出先、移動の車の中でも気軽にUVケアができます。

ドクターシーラボにも同じような商品があって、この前までそちらを使っていたのですが、こっちの方がパフがもっちり柔らかで肌に優しい感じです。

ノンケミカルでシリコン、タルク、鉱物油、ナノ粒子、合成界面活性剤、合成着色料、合成香料不使用で、ミネラルと美容成分からできたお肌にやさしい日焼け止めパウダー。かなりおすすめです。

おまけ

我ながらいいアイデアだと思ったのでご紹介しますね。

この頃、ブラシで塗る口紅がありますよね。あれが便利だから、あれを使っているんですけど、中味がほとんどなくなって、あとはガラスの内側についているだけになりました。

もったいないなあと思って考えたんですけど、あの中にアルガンオイルを数滴垂らしてみました。

そうしたらまだ使えるし、アルガンオイルは紫外線を防いで唇を守ってくれるので、一石二鳥です。

バッグの中には同じ口紅があるのですけど、家でつける時はこれを最後まで使い切ることにします。

 

読んでくださってありがとうございました。

この夏の日焼け止め選びの参考になれば嬉しいです。

<スポンサード リンク>
 




 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました