読む

読む

イモムシとケムシ(小学館の図鑑NEO)の内容と特徴は?自由研究の方法とまとめ方も紹介!

皆さん、こんにちは。 8月も半ばになってしまいましたね。 実は来週、県外に住んでいる孫達が遊びに来るので、今から楽しみで仕方ありません。 さて、最近、小学館の図鑑NEO「イモムシとケムシ」が図鑑としては異例の売れゆ...
読む

一〇五度(あすなろ書房)のあらすじは?読書感想文の書き方と佐藤まどかの小説も紹介!

皆さん、こんにちは。 8月になり、学生の皆さんは夏休みも後半に入りますね。 そろそろ、宿題のことも考えなければいけませんよね。 さて、読書感想文は書きましたか? まだ書いていないなら、中学生におすすめの一冊が...
読む

読書感想文5枚を2日で仕上げるコツや方法は?書きやすい本のリストも紹介!

気がついたら、もう8月。 ええ~っ、早すぎる-! 大人の私がそう思うんですから、中学生の皆さんはなおさらでしょうね。 私は目の前に物事が迫らないと動かないタイプ。 子供の頃からそうでした。 うちは共働き...
読む

送り火(芥川賞小説)のあらすじや内容は?ネタバレが気になる!感想も紹介!

皆さん、こんにちは。 第159回芥川賞には高橋弘希さんの「送り火」が選ばれました。 高橋弘希さんは今回で4回目の芥川賞候補でした。 高橋さんって、ほんとに独特な飄々とした雰囲気を漂わせておられますね。 でも高...
読む

かがみの孤城の読書感想文の書き方について!内容と結末も解説!

皆さん、こんにちは。 学校は夏休みになり、学生の皆さんはどんな一日を過ごしていますか? 学校って夏休みにも宿題がありますね。 宿題には読書感想文という、ちょっと面倒なものもあります。 でもせっかくの機会ですか...
読む

第159回直木賞は島本理生さんの「ファーストラヴ」に!受賞の言葉を紹介!

皆さん、こんにちは。 昨夜、第159回直木賞が島本理生さんの「ファーストラヴ」に決定しました。 島本理生さんは今回2回目のノミネートで、何と芥川賞には4回もノミネートされているんです。 デビューされて18年...
読む

美しい顔(群像・北条裕子)を無料で読む方法!盗作・パクリ疑惑を検証したいなら!

第159回芥川賞候補作「美しい顔」の盗作・パクリ疑惑が大きな話題になっています。 6月29日、「美しい顔」が掲載された雑誌「群像」に、他の作品との類似表現があるのが発覚し、出版元の講談社は次号でおわびと参考文献を掲載すると発表...
読む

熊本地震あの時何がの内容や値段が気になる!目次は?通販や書店もチェック!

昨日、書店に寄ったら、入り口の近くに「熊本地震 あのとき何が」という本が何冊か重ねて置いてありました。 「ああ、熊日の連載のやつだな。」 私は手に取り、目次を見ました。 そうしたら「熊本市民病院」という言葉が目に入...
読む

君たちはどう生きるかの読書感想文の書き方を解説!内容の要点から整理!

皆さん、こんにちは。 「君たちはどう生きるか」は発売から半年で、漫画版と新装版を合わせて210万部という爆発的なヒットとなり、その勢いはいまだに衰えません。 吉野源三郎さん著のこの本は私が中学生の頃も図書館にあり、私も中...
読む

かがみの孤城のあらすじとネタバレをチェック!感想や評価は?登場人物も紹介!

4月10日、2018年本屋大賞の発表があり、10冊の候補作品の中から、辻村深月さんの「かがみの孤城」が大賞に決定しました。 私は「この本が選ばれたらいいな。」「全国の書店員さん達がこの本を選んでくれるんじゃないかな?」と思って...
読む

2018年本屋大賞が「かがみの孤城」に決定!辻村深月さんの喜びの声を紹介!

今日4月10日、午後7時から2018年本屋大賞の発表がありました。 2018年本屋大賞に輝いたのは、辻村深月さんの「かがみの孤城」でした。 私の予想が当たりました! 嬉しい! 辻村深月さん、「かがみの孤城...
読む

君たちはどう生きるかの要約とあらすじについて!ネタバレが気になる!感想と考察もチェック!

「君たちはどう生きるか」が空前の大ヒットを飛ばしています。 この本は、今から80年前の1937年に吉野源三郎さんが書かれたものです。 そして昨年8月に、羽賀翔一さんによって漫画化され、出版されてから2か月で43万部、半年...
読む

銀河鉄道の父(直木賞作品)のあらすじやネタバレを解説!感想や書評も紹介!

ああ、涙が止まらない! 4日前の1月16日に第158回直木賞を受賞した門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」です。 「すばらしかったなす。」 あっ、あまりにこの物語に浸っていたので、私の心の声も東北弁っぽくなっています。 ...
読む

おらおらでひとりいぐも(芥川賞)のあらすじやネタバレについて!感想や意味も解説!

昨夜、第158回芥川賞・直木賞の発表がありました。 芥川賞には石井遊佳さんの「百年泥」と若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」の2作が、直木賞には門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が選ばれました。 私は、同世代の女性とし...